季節

地方発・・・らん展

2015年3月22日(日)晴れ雨雹sunrainthunder

Cocolog_oekaki_2015_03_19_14_34

毎年この時期開かれるラン展。

帰りがけに住所と名前書いてきますので次の年、案内状がきます。

あ、ラン展ね。お父さん、今日暖かいからラン見に行こう。・・・・・亭主決して素直に「うん」とは言いません。

「行きたいから、どうかお願いしますだろう。」

毎度のことで、亭主、鬱陶しいのですがここは我慢して鄭重にお願いするふり。(笑い)

地方のラン展ですから大規模なものではありませんがラン愛好家が、丹精したもの約100鉢が並びます。

私の楽しみは、即売コーナーでお気に入りを見つけgetすることです。

あ、これ、前に失敗したリカステだわ。

見ていると欲しくなります。亭主呼んで、どの色が好き?

亭主は、無・・・・・。

二人で相談しているとみて、後ろのたまりに座っている出品者のおじさんたちが口を挟みます。

「その花は、お買い得だよ。普通5千円はするよ。」って、買え買え買えの大合唱。

「以前、育て方失敗した」っていいますと、声をそろえての説明です。やっぱりラン狂い。(笑い)

私が、ピンクの花に決めましたら、突然亭主は白がいい。

そしたらおじさんの一人も白がいい。

私も白は嫌いではないのですが、次第に色が黄ばんで…それが嫌でピンクです。

そうこうするうち、後ろから「二つ買いなさいよ。」っておじさんの一人。

そうだそうだの合唱。よく訓練されてるわね。

「じゃ~二つ買ったらまけてくれる?」

この花を出しているおじさん、二つで3600円を3500円にするという。

他のおじさんが・・・・・「3000円にしたら。」

また、おじさんたちがガヤガヤ・・・。

私、「3000円なら買う。」

頑固なおじさん3500円を譲りません。

そこで、沈黙。

一呼吸おいて私の負けね。

というわけで二つgetしました。それがこの花。いかがですか。一鉢1750円。(笑い)

096_2   097

その後、おじさんの一人が亭主を捕まえランの説明が始まりました。

亭主に説明したってランのこと知らないし、興味ないのに熱弁。

亭主は、何も知らないので「うん」と「そう」しか言いません。

が、おじさん専門用語並べてヒートアップしてました。無駄なことしてるわね。(笑い)

こういうおじさん、ランのことは分かるけど人を見る目はゼロなのよね。(笑い)

かくして今年のラン展、観終わりましたが年々内容が悪くなっているのが気になりました。

写真  ラン展の様子と入賞ランをパチリ!

032


031

056



県花弁園芸賞

074


楽寿園運営委員会長賞デンドロ・ホワイトグレース

065

蘭友会培養賞  ファレノプシス 


063

原種栽培賞 

060

市議会議長賞  Elcevrito イエロードール

054


蘭友会賞 チッチマエ原種

051


花島オーッキッッド賞 ラブキャッスル

049

蘭友会長賞

 
047

希少・珍花賞

040

市長賞   ブラックシャワー

042

044

パフィオベディラム  オーロレウム(特別出品) 

068


069
  072


今日のお菓子 

札幌ホテルのバームクーヘンと帯広六花亭のレーズンバターサンド。

北海道のお菓子は美味しいですね。

034  038


012


bell bell・・東北の復興・・・・・私達、祈っています。(マジョリン)




お嫁さんに!

2015年3月3日(火)曇りcloud

Cocolog_oekaki_2015_03_03_16_58

今日は、桃の節句、ひな祭り。

冬が過ぎ春になった…そんな喜びを感じる季節の節目の日です。

ホップ・ステップ・ジャンプ!飛び跳ねたくなるような気が・・・・それでも風はまだ冷たいわね。

うちでは、もう、おひな様は飾りませんが女の子のいるお宅はどうかしら。

日本人のライフスタイルが変わっったとしても伝統行事は大切にしたいですね。

♪ 着物をきかえて 帯しめて
    今日はわたしも はれ姿
     春のやよいの このよき日
    なによりうれしい ひな祭り♪

うれしいひなまつりの歌の4番です。

一番は何とか歌えましたが、4番は無理でしたね。

歌詞が新鮮。

この日は女の子、普段着から晴れ着に着替えお雛様・・・・自分の隣は内裏様。

いい男ね!私の旦那だわ。(笑い)

ま、こんなぐわいで昔は、女の子に大きくなったら何になりたいの?って聞きますと

私、お嫁さん!・・・・・・今はといえば結婚より仕事!

そして20歳過ぎますと結婚して子供産んだのです。

私の小学校当時、一学級約50人で6~7学級くらいありましたから、教室の中、子供がうじゃうじゃ…(笑い)

今どうでしょう、私の住む地区には子供はいません。

何処へ行けば、子供たちに会えるのかしら?

街歩いていますと子供お見せしますよ~・・・・はい、入場料いただきます!

まさか、こんなことになっては大変ですが・・・子供が少ないというのは寂しい。

子供は大切な社会の宝物です。

桃の節句。

節句は5つつあり、七草の節句、桃の節句、端午の節句、七夕、菊の節句。

端午の節句は、男の子の節句。

端午の節句が祝日で桃の節句は?

男性上位だったからかしら?どうですか、田島先生。(笑い)

この際男女公平に桃の節句も祝日にし、子供の日にしたら。

宝のためなら、年に2回子供の日の祝日があってもよいですね。

それに働いている大人が喜ぶと思うわ。(笑い)

うちの桃の花は、まだ咲きませんが蕾は膨らんでいます。

近くの公園にある河津桜、満開になりました。今日は、桃の代わりに河津桜で祝うわ!

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

写真 満開の河津桜

062


052  050



059   055


060

今日のお菓子

福岡の銘菓雪うさぎ。マシュマロの中に黄身あんが入って子供が好きそうな形とソフトな食感。残酷にパクリ!詳しくはどうぞ→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8E_(%E9%8A%98%E8%8F%93)

002

bell bell・・東北の復興・・・・・私達、祈っています。(マジョリン)

福はうち!

2015年2月3日(火)晴れsun

Cocolog_oekaki_2015_02_03_22_01

今日あたり、日中お日様の光の強さが少し強くなって、ほんの少しですが春の気配を感じます。

そういえば、今日は、節分。明日が立春。

暦の上では春ですが、春といえるほどの暖かさになるまでには、まだ紆余曲折。

昨日、日中暖かだったものですから本屋へ亭主と散歩。

本買ってから、日陰のない道選んで帰宅途中、河津桜の咲いているのを発見しました。

まだ、6分咲きくらいでしょうか。

それでも、青空に濃いピンクの花びらが映えて、ここには確かに春がありました。

遠く関西にお住いのバラさん、河津桜が咲くの楽しみにしていらっしゃって・・・・バラさんの場合、伊豆河津町の本場の河津桜なのですが、ここからは少し離れていますので、木は、同じですから我慢して(笑い)写真見てください。

ところで、河津町の開花状況はどうでしょうか。

2月5日から桜祭りが始まるそうです。

念のため、開花状況を「祭り実行委員会」のサイトでしらべましたら、電話で問い合わせて・・・・・とありました。

サイトに書かれてないのは、ちょっと残念。

よって、開花状況は不明でした。

サイトはこちらです。→http://www.kawazu-onsen.com/sakura/kaika.html

観光地ですから、自然相手のこと、書きにくいのかもしれませんね。

ま、河津のお話はこれくらいにして夜は豆まき。鬼がいないわね。お父さん鬼にならない?

「オレは、昔からまめまく人。お母さん鬼になれば・・・・お面つけなくて済むから。」

「む!何よその言いぐさ。」(怒)

後、どうなったかは書きませんが・・・・想像してください。(笑い)

いずれにしても、鬼はそと!福はうち!福がたくさん来ますように。

写真 河津桜です。現在が6分咲きとしますと開花は1月ですね。

008

019  010  


015   016



017


018


今日のお花

撫子さんのブログに乙女椿が・・・・・ピンク色の花。隠れるように咲いていたそうです。

偶然、私も今日庭で隠れるように咲いていたピンク色の乙女椿を発見!カメラに収めておきました。

夕方、撫子さんのブログにお邪魔して・・・あ!一緒。それではとエールの交換(笑い)です。


029

こちらは付録です。

028

bell bell・・東北の復興・・・・・私達、祈っています。(マジョリン)

あら!可愛い・・・

2015年1月8日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2015_01_08_10_57

私、生まれ故郷の魔女の国から戻りました。

今年もよろしくお願い申し上げます。heart01

017

(お正月の富士山(伊豆西浦から・・))

元朝(がんちょう)の見る物にせん富士の山    宗鑑

fuji

この俳句、

元旦の朝に見るものとしては、白雪を戴き気品のある富士山、これこそが最もふさわしいと詠んだ句だそうです。

たしかに、駿河湾からみる海越しの富士山の雄大な姿は、気高く美しい。

三が日はあっというまに過ぎ、昨日は七草粥。

暮れから子供たちと孫が来て、楽しいお正月の思い出を置いて帰っていきました。

また、亭主と二人の生活が始まりました。

ほっとするやら気が抜けるやら・・・・・気を張って頑張った体も、疲れがでて・・・・・齢のせいですね。

今朝、庭に出ますとホコロンでいましたよ。亭主のズボンのお尻・・・・。(笑い)

ではありません。

小さな、鉢の紅梅。

あら!可愛い・・・・。何となく早春。




009_2


008


「カワイイ」は、今や世界で最も知られる日本語。

ついでですけど、私もカワイイ・・・・・・。(笑い)

bell bell・・東北の復興・・・・・私達忘れていません。(マジョリン)

また、やってきますね。

2014年10月11日(土)晴れsun

 

Cocolog_oekaki_2014_10_11_16_15

台風19号が沖縄を直撃しています。

超大型で、その後の進路は九州から日本列島を縦断する気配です。

秋の三連休。・・・・最高の日がつぶれてしまいます。

台風直撃で全国の行楽地はじめ輸送機関など大打撃。

景気の動向が気になっているとき(新聞報道などで)ですから日本経済には痛手?

苦肉の策として、今年だけ、10月27日を臨時祝日にして三連休にしたら?・・・・・。

何となく暦めくりましたら11月は、三連休が2回ありましたから、そこでお金ごっそり使ってもらえばいいですね。・・・え?お金ない!そうでした・・・うちでもお金ないです。(笑い)あべさ~ん・・・・どうしたらよいですか~。(笑い)

ところで、過日の台風18号は、静岡県の浜松市に上陸し、多くの被害がでました。

私のところは、そのあとの通り道になっていて周辺市町では避難勧告が出されていました。覚悟を決めて、来るなら来なさい!

どういう覚悟?決死の覚悟。

迎え撃とうとしたのですが、比較的穏やかでしたので不覚にも深い眠りに入ってしまいました。

朝、目が覚めますと強い雨でちょうど台風が通過中。神様お願い・・・・って神頼み。(笑い)

天に通じたのでしょうか。一時間あまりでこともなくお隣の県に行ってしまいました。

よかったぁ~。

それで、被害は大したことないと思っていたのですが、その後に状況が明らかになって、例によって床下、床上浸水、がけ崩れなど・・・・・大きな被害が出ました。

東海道線の由比ー興津間は山崩れのため東海道線は一部不通。

この事故のため、現在も通勤通学など多くの人に影響が及んでいます。

復旧は20日だそうです。

この場所は、海と山に挟まれた狭い場所で東海道新幹線、東海道線、東名高速道、国道一号線の日本の大動脈が並行して走っている所です。

いわば、東海道の首根っこ。

首根っこですから、締められればダウンしてしまいます。

このため、リニア新幹線ルートは、ここを避け山梨県にいってしまいました。

私は、何事もなく良かったと思っていたのですが、刺繍のお稽古に静岡市まで通楽していますので、被害の影響を受けた?ことになりそうです。

新幹線は、無事なのですが余分なお金出すのはってことで、先日のお稽古は休みました。

それで、ブツブツ言っていたのですが、JRは早速、普通列車券で新富士ー静岡間を新幹線利用できるよう計らってくださいました。さすが、JR!

このように、台風の影響は、予想外の被害をもたらします。

今、19号がゆっくりですが日本列島を狙っています。直撃されれば、予想外、いや・・・・「想定外」・・・・どこかで聞いた言葉ですが想定外の被害となる可能性があります。そこが自然災害の恐ろしさです。

今度こそ寝ずの番。チャッキ!チャッキ!火の用心!いえ、台風用心!

今日のお花

ここにきて、胡蝶蘭が花を落としました。夏前から咲き続けていた胡蝶蘭の寿命はとても永くその秘密を知りたいですね。

胡蝶蘭が咲いている間に咲いて散って行ったラン。家の中のすべてのランは、散って少し寂しくなりました。

その代わり、庭にバラがぼちぼちですが咲き始めました。うまくリレーできればよいのですが台風19号まともに来れば一網打尽。心配です。

059

072   051

025_2   001

012   089

080


006  042



081  084

マジョリン通信

flag花水木さんへ

花水木さん、ご心配ありがとうございました。本文の通りの状況でしたが台風はやはり怖いですね。

次の19号ほぼ同じコースのようですから気をもんでいます。

私のところを通った場合その延長線上は神奈川、東京。花水木さんのお近く?・・・・・お互いに気をつけましょうね。

note撫子さんへ

バラさんが心配してくださいました。

私も撫子さんの所心配でしたが、「当方、こともなく、ホッ!」のメッセージ読んで安心しました。

静岡への通楽、東海道線一部不通で先日は、休んでしまいました。でも、新幹線が利用できるようになりましたので次回からはいけそうです。ご心配ありがとうございました。

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

オーマイガー!

2014年6月7日(土)雨曇りraincloud

029

 私の5月20日のブログのタイトルは「ちょっとした事件」でした。

 メジロが居間の東側の窓から手の届くところにあるヒメシャラの木に巣を作り、卵を温めているのを発見したのです。

 それからというもの、私と亭主メジロの名をピーコとつけ、彼女の応援団。

 もちろん私が応援団長。

 亭主、不満そうだったけど副団長ってことで手を打って部員はいません。

 とにかく、暇を作っては巣を確認して大丈夫、いるわ。

 二人して、赤ちゃんの誕生を楽しみに毎日を過ごしていました。

 

 外出から戻りますと、二人ともまずはピーコの確認。

 たまに、見当たらない時があったのですが、お互いそわそわ・・・心配しました。

 オス鳥は一度も見ることがなく、そんなことから母子家庭だわ。なんていっていました。

 お母さん一匹でガンバてるわね。ますます応援に力が入りました。

 6月2日。

 何となく、周囲がざわついて、3匹のヒナの誕生でした。

 亭主は、伊豆の温泉にいって留守。

 そういえば、娘のお産の日、亭主、伊豆の温泉にいました。今思えば同じ場所。

 よってぐうたら亭主!

 巣を見ますと大きな口空けた三匹・・・・可愛い。良かった~・・・・・・。

 翌日亭主が帰宅。お父さん三匹よ!え!そうか~って大喜びでした。

 その後は、窓際からの観察は以前より頻繁になりました。

 餌を咥えては巣に戻るピーコをみては、頑張って!

 そして、6月4日の日、事件は起こりました。

 刺繍のお稽古から私が戻りまして、巣を見ますと見当たりません。

 お父さんどうしたの?って聞きますと、「・・・・・・」 「・・・・・・」 

 赤ちゃんはどこ?「・・・・・・・」

 よく見ますと枝が折れ、木の下には、空になった巣が落ちていました。

 オーマイガー!!

 しばらくは、茫然自失。

 亭主は、野良猫の仕業。私は、カラス。

 どちらにせよ、とんでもないことになって・・・・

042

 

 亭主もこの日外出していて、私達が留守にしたのがいけなかった・・・。

 昨今、人間社会で親が幼い子供を育児放棄する事件が多く、心を痛めるのですがピーコ、ホント偉かったわ。

 せめて、ピーコだけでもよいから戻ってきて。

 でも、でも・・・もう二度と戻らないでしょうね。(涙)

写真 ピーコ、左手前の木に巣を作りました。

068

 写真が、見にくいのですが巣からヒナが頭を出しています。右は、2匹写っています。

036   030

 餌をやりに来たピーコの背が写っています。右、落ちていた巣。こんなに上手に作っていました。

005   040

今日のお花

 巣からピーコが見ていた景色。紫の花の向こうの木に巣を作りました。

002

 

巣のあった木、ヒメシャラには夏椿が。

129

ジキタリスが何故か横になっていました。右は、キングサリ

054    043


bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

狩宿の下馬桜

2014年4月20日(日)曇りcloud

Cocolog_oekaki_2014_04_19_15_42

 

 亭主がサクラの見納めしないかって。

 行く先は、富士宮市の白糸の滝の先にある「狩宿の下馬桜」。

 「狩宿の下馬桜」は、国内5大サクラの一つといわれ樹齢800年以上、国内最古級のヤマザクラで国の特別天然記念物に指定されています。

 そんなサクラですが今まで行く機会がなく、13日の桜祭りの日に合わせ行ってきたのです。

 5大サクラの一つ・・・・・・そう聞いて期待はいやが上にも膨らみました。

 加えてこのサクラがある場所は井出という方の館があり源頼朝が富士で巻き狩りをする際の本陣だったそうです。

 巻き狩りの際、頼朝が馬から降りてつないだのがこのサクラの木の由来で、下馬桜。

 このような物語がありますと観光客の心をバッチリつかみますね。

 サクラの周りには大勢の人がおりました。 

 狩宿は、長閑な山里。

 このあたりにポツリポツリとある農家の佇まい、どの家にもサクラが咲いて・・・いいわね。これこれ、私が求めていたものは。

 これこそが私が描く日本の由緒正しき春の風景です。

 

 狩宿の下馬桜は、こんなのどかな山里に菜の花に囲まれ、白い雪を頂いた富士山を背に少しピンクがかった花をたくさんつけて大手を広げていました。

 まるで絵葉書のようなそんな素敵な絵になっていました。

 ちょうど、先日TVで福島県の三春の滝桜、山梨県の神代桜が満開と放映していまして、これと埼玉県の石戸蒲桜、岐阜県の根尾谷の淡墨桜と合わせて日本5大桜だそうです。

 5大桜詳細はこちらで↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%94%E5%A4%A7%E6%A1%9C

 写真 由来の説明ボード(写真をクリックしますと大きくなります。)

066

 これが、狩宿の下馬桜(駒止の桜ともいいます。)この桜、度重なる台風で枝が落ち、かなり小ぶりになったそうです。かっては目通り8.5m枝張22m南北16mの巨木だったそうです。

072

菜の花の向こうに下馬桜。サクラの向こうには、霊峰富士が。

098    123

狩宿はこんな山里。

100

063

井出家と高麗門の由来

073

井出家の門。1000年も前にタイムスリップしたようなそんな感じの門でした。

075

 門の前での出し物。ひょっとこ、おかめのユーモーラスなおどり・・・。思わず笑ってしまいました。

 

105   

 

 087      108

こちらは、ドジョウすくい・・・・。 可笑しかったわ。 

097     098

 田楽。・・・・催しもの時間が止まったような安らかな時間を過ごすことができました。

116

 これらがすべて終わって餅まきでした。餅まきがあるって聞いた亭主急にいなくなって・・・・

 心配したのですが、田楽やってる時にすでに一番前の席に座って好位置をキープしていました。餅まき・・・こういうの大好きですから。

 田楽が終わって餅まき。年甲斐もなく最前列でキャッチしようとガンバっってました。私はレディーですから後ろでその様子を眺めていました、(笑い)

 亭主、お餅八つもキャッチしました。このお餅、お汁粉に入れていただきましたが田舎のお餅ですから粘りが凄く、美味しかったですね。ま、亭主これくらいはできなければね。(笑い)

118     004

今日のお花

 シャガとイチハツが咲き、季節が進んみました。もう4月も下旬へ。春という季節の折り返し点を過ぎてしまいました・・・。

007      008

007

032     034

019      037   

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

 

 

国立遺伝学研究所のサクラ

  2014年4月14日(月)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_04_15_11_46

 当地でのサクラは、もう葉桜になってしまいました。

 今年は、サクラの開花宣言があったあとサクラを心行くまで見てやるって、気合を入れました。気合だ~きあいだ~・・・・

 そこで、サクラの時期に一年に一日だけ施設を市民に開放する国立三島遺伝学研究所にサクラ見学。・・・・・ここでは見物とは言いません!はい。学術的に見るところですからケ・ン・ガ・ク・・・(笑い)

 久し振りの遺伝学・・・・ここのこと地元では、略して遺伝学と呼びます。

 入り口でいただいたパンフレットに、遺伝学とは、生命のつながりの不思議を研究する学問と、書かれていました。

 ハハ~ン。それなら私のDNA、楊貴妃?クレオパトラ?どちらかとつながっているはずですが・・・教授先生、お願いです。調べてください。(笑い)

Cocolog_oekaki_2014_04_16_21_43

 さて、遺伝学までは三島駅から無料のシャトルバスが出ていて約10分で着きます。

 大勢の人が見学にまいりますのでこの日のバス会社さんは大忙し。

 広い施設を周遊する道路に沿って、それぞれ異なったサクラが200種植えられています。  

 ここでは、研究という面から多くの種類が育てられているのです。

 木によって早生・晩生があって咲く時期が異なりますのでこの日すべて満開とはいきませんでしたが、それは仕方がありません。

 桜の木といえばソメイヨシノ。魔女といえばマジョリン!亭主といえばぐうたら!でも、桜の種類が多いのには改めてビックリです。

 それにネーミングも面白かったですね。例えば・・・・思川(おもいがわ)、糸括(いとくぐり)、雨宿りなど。

 でもサクラの花どれも同じように見えちゃうっていうのは、私の感性の鈍さでしょうか。

 隣あるいていたぐうたら亭主、花より団子がいい・・・・もっと感性の鈍い輩がおりました。(笑い)

 この日のサクラ見学、私達には施設内でおにぎり食べてのんびりと過ごしまさに桜見物でしたね。

 でも、ここは日本を代表する研究所、この日学術講演会なども行われていました。

 一年に一回の施設開放日、一度は来られることおススメです。

 

写真  遺伝学研究所本館

109

                          サクラの花見ながらのおにぎり各別でした。↓

001_2       019

写真をクリックしますと、大きくなって説明文が読めます。      

002               003

013             014

023            024

026           027

028          029

031         033

038         039_2

041        042

043         045

048       049 051        052

057       058

060        062

064        066

068       072

073        074

077       078

080         081

082        085  

   

090         092

095       096

 

105_2      106

今日のお菓子

 クイーン・アリスのとろけるショコラ。見事に二つに切り分けて・・・亭主、大きさ同じって怒ってました。(笑い)

097

098       100

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

 

よう~ウバザクラ

 2014年3月30日(日)雨rain

Cocolog_oekaki_2014_03_29_19_12

 桜便り毎日のようにききます。今年はサクラいっぱい見たい。

 そんな気持ちですが、私にとってはどこのサクラを見るかが問題です。

 サクラはサクラで同じですが。

 どこでもいいじゃ~ないって亭主はいいますが、そう単純ではありません。

 家から徒歩300mもいけば立派な桜並木があるのですが、それ見てもなぜか満足しないのです。

 何故なのでしょう。

 

 私が、見たサクラでは長野県伊那市高遠のサクラ・・・・ここはよかったわ。

 

 高遠は、江戸時代に高遠藩が置かれ、江島生島事件の江島の幽閉先でも知られています。

      Cocolog_oekaki_2014_03_31_07_45    

 小高い丘陵に城址があり、そこがサクラの名所です。ソメイヨシノとは違う小ぶりでピンク色のやや濃いタカトウコヒガンザクラが城址一面を埋め尽くします。その様は圧巻です。

 

 高遠のサクラに関しましてはこちらでどうぞ。・・→http://takato-inacity.jp/h26/16-2

 

 サクラ祭りでいっぱい人が出ている名所、高遠のようなところに遠出しますと大満足で、今年のサクラよかったわねってことになります。

 そうそう、日本昔話に出てくるような・・・・・山深く入った里に慎ましく咲くサクラ・・・・こんな風景も長閑で好き。

 おかしいですね。

 昨日は、養花天・・・朝から暖かく花見日和。

 近くのサクラ見に亭主に誘われてサクラ並木の川沿いを歩いてみました。7分咲きといったところでしょうか。

 やっぱり、ソメイヨシノ気品があって美しい・・・まるで自分を見ているよう・・・・・・ではありません。(笑い)

 

  よう~ウバザクラ!・・・・・・今の誰?聞こえたわ。

 歩きながら亭主に、今年はどこかサクラ見に行きたいねって言いましたら・・・・・お母さん今見てるの・・・・なに?だって。(笑い)

写真 近くのサクラ並木。人はちらほら・・・・・さくらさくら弥生のそ~ら~に・・・♪

088

061   084  

右がサクラで左が夏ミカン。

066

  091_2    069

086

今日のお菓子

 先日、亭主伊豆に一泊。福家さんのケーキをお土産に買ってきました。伊豆の国市江間にある福家さんのケーキは、イタリアンロールが有名ですが、これは洋ナシのムース。

 とても上品でおいしかった。

 この日、サクラ見た後、家で三時をしましたが・・・「花より団子」・・・ウーム、これ当たっているかも・・・・。

027_2    031

 

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

春爛漫の気配

2014年3月18日(火)曇りcloudrain

Cocolog_oekaki_2014_03_17_21_49

 3月も半ばを過ぎました。

 ここまで、冬と春とが行ったり来たり・・・・。

 毎年のことですが、冬から春への季節のバトンタッチはやきもきさせられます。

 え?3月は二つの季節味わえていい・・・。

 とんでもありません。体がついていけなくて四苦八苦。

 ようやく当地では、ここ数日、春めいてまいりました。

 私も活動的になって、ホップ!ジャンプまたジャンプ!ってな具合で・・・・・時々ヘックション!花粉症。(笑い)

 隣の部屋からは、ハックション!こちらも花粉症で私の後輩。

 亭主、虫と同じでようやくモゾモゾ・・・・・。動く気になったみたいだわ。

 すると、お母さん!と突然叫びました。え?驚かさないでよ。何よ、

 今日暖かいから早めだけどお彼岸のお墓参りに行こうかって。

 そうね。わたし、お彼岸のころ叔母のところに行くかもしれないから・・・・

 先日、叔母から着物あげるからいらっしゃいって電話があったのです。

 ハハ~ン。家でなにかあったんだわ。

 着物くれるの?良い物なら行くわよってこちらも条件によります。

 叔母は、同居している子供が養子夫婦のため、ことによるとケンカ?

 ま、愚痴きいてあげましょう・・・・そんなことで行く約束をしてしまいました。

 さて、この日の墓参りは、亭主の父母のお墓参りです。車で40分くらいかかるお寺に眠っています。

 出来が悪く親泣かせだった亭主ですが、私の知る限りお墓参りは欠かしたことがありません。私の親と若くして亡くなられた亭主の友人の墓参りも同じです。

 この人、お墓参り好きなのかしらなんて思うのですが・・・・そうではありません。

 怖いのです。(笑い)

 お墓参りさぼると○○が出る~・・・・と、思い込んでいるのです。(笑い)

 この日お寺に参りますと、サクラの花が満開。ソメイヨシノとは違う種なのですがとても美しく長閑。メジロが花に来てまさに春爛漫の趣でした。

 重いコート脱ぎ捨ててあ~春だわ~・・・・・。

 今日のニュースでは南の方からそろりそろりとソメイヨシノのサクラ前線上がってくる気配。お花見の計画も立てなくてはねって亭主に言いますと、いいとも!ですって。(笑い)

写真

お寺の境内にあるサクラ。メジロがたくさん来ていました。種類の違うサクラガ咲いていました。暖かいのですね。

041

037     045

 

038

032       033

034      036  

今日のお花

 雪柳がさきはじめました。駐車場のアスファルト破って出てきたもので生命力があります。真っ白な小さな花が集まってとてもbeautiful

011

066 033_2

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

より以前の記事一覧