その他趣味

沼津港のお寿司は・・・・・

2,015年3月6日(金)晴れ曇りsuncloud

Cocolog_oekaki_2015_03_05_14_12

亭主の友人の奥様から突然電話が入りました。

すぐに亭主にバトンタッチ。

電話の内容、ご主人が亡くなられ、その詳細。

加えて、弔電をお願いしたいとのこと。

亡くなられた方とは亭主、昔の職場の先輩で大変懇意でした。

亭主、急いで仲間に連絡していました。

オレ、出席するのに弔電っておかしいね・・・・っていいながら、

弔電、弔電ってNTTの電話帳捲って電報欄探していたのですが、例によってぐうたらのものぐさ。

言い換えればどう頼べばよいかわからないのです。(笑い)

「NTT、しょうがね~な」なんて、いいながら弔電はあきらめて「生花にする。」

夕方、亭主が電話した一人から電話があり、奥さんに悔やみの電話を入れたら、奥さん弔辞を頼んだけど弔電といったかもしれないとのこと・・・・・。」

やはり動揺なさっていたのですね。

仲間の方が、電話してくださって、弔辞とわかり亭主、大恥かかないで済みました。

亭主、弔辞の原稿私のところに持ってきました。それからが大変。

お母さん、急いで筆で書いて・・・・・・。

え?私が?

そうだよ。パソコンでやれば・・・・。

ダメヨ~ダメダメ。

なによ、人の不幸を不謹慎な!(怒)

心を込めた弔辞は手書きなの。

墨は薄墨?

当然。

書いてやってもいいけどお寿司ご馳走してくれる?

分かったよ。時間がないんだから・・・・とにかく上手に書いてよ。

回りまわって、私も忙しくなりました。でも、お寿司が食べられる。(よだれ・・)

原稿、約1000字ありましたから、下手な私が上手に書こうとするのですから大変でした。

亭主は、自分では書けません。(笑い)低レベルの夫婦一組がここにはおりました。(笑い)

葬儀が終わり一段落。

亭主、お寿司のこと、なかったことにしようというので・・・・・一括!

渋い顔する亭主と一昨日、お寿司屋さんへ行ってきました。

沼津港の有名店双葉ずしの姉妹店「高嶋」。ここはどちらかというと穴場。

おいしかったわ。沼津のお寿司、ネタが新鮮で・・・それにここで使っているお米、ホント美味しい。

写真

私の好きな赤貝とアワビ・・・・あ~習字やっていて良かったわ!幸せ。

004_2


001 003

今日のお花

今、家では椿が咲いていますが、椿の花は少しずつ咲きますので桜や梅のような華やかさはありません。でも種類が多く個性的ですね。

005


043

176

041



040  039
   

bell bell・・東北の復興・・・・・私達、祈っています。(マジョリン)

嬉しくてホーホケキョ

2015年2月21日(土)晴れsun

Cocolog_oekaki_2015_02_21_23_08

刺繍の次の日は、お習字でした。

前日の夜は、はちまきして練習します。sweat01

私が習字しているときの癖、口尖らせていますので亭主に口で字書いてる、なんていわれます。私のお口、少し大きめ。(笑い)

はい、口の力抜いて・・・。

亭主、一応コーチしているつもり。(笑い)

一夜漬けですが相当練習します。

お稽古の日その中から、20枚くらい先生に提出します。

この時唇尖らせてますと、印象が悪くなりますから口角上げスマイルスマイルです。

普通にしていれば私の口角上がっていますので。

一方、亭主の口角は下がっていてへの字。いつも怒っているみたいです。

私だけは、分かっているのですが本人、なぁ~にも考えていないし怒ってもいないのです。(笑い)

そういえば、前の都知事の猪瀬さん、都知事になる前は口角下がって怖い顔。

それが、オリンピック誘致のプレゼンでは・・・口角上げていました。

相当練習なさったのでは、なんて勝手に思いましたが結果は成功でしたね。

お話が横道にそれてしまいました。

022

先生、提出した一枚一枚を手早く見ながら、指導をいたします。

的確なコメントをされ、その中から何枚かをセレクトします。

それが、つぎの昇級の審査対象になります。

この日、練習の終り近くに先生から今月の機関誌が配布されました。

緊張の一瞬です。私、一番下手で皆さんの足手まとい。

早く上に上がりたい、そんな思いで機関誌パラパラと捲って漢書どうだったかしら?

あら、残念3級のまま・・・・2級への道は果てしなく遠いわね。

次は、一文字・・・・え?私の字が写真に載ってる・・・あら、まぁ~うれしい・・・・。shinedash

特選!・・・・・実は、先月も特選でしたが写真には掲載されず、私、フロックと思っていましたが連続特選なのです。これって、信じられますか?信じられない。そうですよね。(笑い)

嬉しさのあまり教室で、思わず大きな声で叫んでいました。ホ~ホケキョ!!(笑い)

006_2

今日のお花

小梅ですが、満開です。お稽古から帰って、ホーホケキョって枝から枝を渡り歩きたい気分でした。


006  055


012

bell bell・・東北の復興・・・・・私達、祈っています。(マジョリン)

あら、まあ~うれしい・・・

2015年2月18日(水)雨rain

Cocolog_oekaki_2015_02_16_12_36

日めくりカレンダーをその場で次から次、めくっていくような速さで日が過ぎていきます。

私のお稽古事は、月初めと三週目に集中していますが、今回は、月初めの刺繍のこと。

例によって静岡まで通楽。

お友だちのOさんが、昨年右手を骨折され一人通楽。

ひとりですから、まずは、車内をキョロキョロ・・・・怪しい人いないか確認します。(笑い)

そのあと、私本を読みますがそうこうするうちに静岡駅到着。

駅前のバス停で、え!見慣れたお顔。いないはずのOさんがいました。

一昨日、電話で話をしたときはまだ無理だといっておられましたが。

どうしたの?理由を伺いましたら、やっぱり刺繍が好きなんですね。

快方に向かってから、はやる気持ち押さえていたようでしたが、昨日、突然プッツン!それで来ちゃた・・・・・そういうことでした。

でも、私は、大歓迎。通楽ももう寂しくはないわね。

今日の先生、何となく気合が入っていました。

やはり先生のそばで皆さんと刺しますと集中します。

今さしている刺繍、バテンレース。ドイツのバッテンベルクが発祥。

この刺繍、近澤レース店で以前購入したものがあり、いつかトライしたいと思っていました。模様をテープで作り布に止めていきます。

お稽古が終わった後、先生から新年のご挨拶がわりに・・・・と、お菓子のお土産をいただきました。

帰宅後、包装紙をとりますと「加賀八幡 起上もなか」。

大変縁起の良いお菓子ということでした。

Oさんの復帰、そしてお土産のこと、今日は、あら、まあ~うれしい・・・の連続でした。

私、今年は挫折してもすぐ立ち直れるように頂いた起き上がり最中、全部食べちゃおうと思ったのですが、家の中徘徊しておりますハイエナ…失礼しました。

亭主でございました。(笑い)

最中すぐ見つけ、オレ、挫折中・・・そういいながら私の許しなく口へ。(笑い)

それにしても、和菓子どころ金沢の縁起の良いお菓子を用意してくださった先生、やはりセンスが卓越したお洒落な方です。

刺繍だけでなく、人生の先輩として改めて尊敬いたしました。

写真

今、トライ中のバテンレース。上手ではないですね。

010

以前近澤さんで購入したバテンレース…プロの技ですね。

079 084_2



加賀八幡起上がりもなか・・・・・・可愛いですね。小倉餡がさすがに美味しかったわ。


013


達磨さんの形ですから、どこから食べようか?でも、ガブリッ!

イタッ!

010_2  004





今日のお花

早咲きの梅が満開になりました。他にも小梅が満開ですがそちらは次回に・・・

梅の花の香りは早春のかおりですね。

040


041 042

bell bell・・東北の復興・・・・・私達、祈っています。(マジョリン)

私、伸び盛り

2015年1月17日(土)晴れsun

Cocolog_oekaki_2015_01_17_10_41

先週、今年初めての習字のお稽古でした。

いいかげんな私でもお稽古の前の日は、自宅で猛特訓。ι(´Д`υ)アセアセ

習字なぜやるの、今更?・・・・。今は、パソコンがあるのに・・・・。

素朴な疑問ですね。

さ~答え、なんでしょう。私にはわからないのです。

書くことが好き。・・・・下手なのに?

字がうまくなりたいの。・・・・・無駄な抵抗ね。

自問自答

ホント!私何故やってるのでしょうね。

でも、好きなものは好きなんです。理屈でなくて字を書いているときは、「無」の境地になれるのです。

うそ、うそ・・・いまのウソです。

うまくなろうと必死で邪念だらけ・・・目指すのはビリからの脱出と先生への復讐(笑い)

そんな中、私には応援団がついています。

ぐうたら亭主!

お母さん上手だね。なんて・・・習字だけは応援してくれます。

字の書けない亭主(笑い)に褒められて喜ぶのでは、何ともやるせないのですがけなされるよりいいわね。

昨年暮れの月刊誌、あけてみましたら・・・・アッ!

私、漢書が3級になってました。

やっとのことで、皆さんに追いつきました。一緒に始め、ずっとビリでしたが練習中、先生にウインクしてから、次第に上がり始めました。

でも、先生女性です。(笑い)

ま、石の上にも三年、ひとつ壁越えたので今年はどこまで行くのでしょう。

今の私伸び盛り・・・(笑い)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

写真 お正月に来ていた孫の富士太郎に書初めのコーチ。

筆を立てて!そこは跳ねて!ヘッポココーチに指導受ける富士太郎可哀そう。

でも、私の方は仕合せ。

私が習字習っている意味、何となく答えが出たみたい。

205

今日のお花

早咲きの白い梅がほころびました。一足早くほころんだ紅梅は、満開です。紅白でお目出度い・・・・ぐうたら亭主もお目出度いわね。



013  003


015





018_2

マジョリン通信

clubバラさんへ

バラさん遅れてすみません。バラさんお忙しいので少し落ち着いてからの方がよいと思いご挨拶が今になってしまいました。お許しくださいね。

「新年おめでとうございます。」本年もよろしくお願いいたします。

お正月から、バラさんのブログ拝見していまが相変わらず文章、短文の中に描きたい世界をすべて凝縮させる技術?すごいですね~。

そして、割り付けや写真がお洒落です。

見習いたいのですができません。能力とセンスの違いです。

でも、今年は出来るだけ短文を心掛けようと秘かに思っています。あ、ひそかに思ってること公表してしまいました。(笑い)困ったわ。

とろで、Kお嬢様帰省されたとのこと、楽しかったでしょう。

たくさんのお土産いただいてよかったですね、お嬢様親孝行。

写真にミントンのテーブルクロスとランチョンマットがありましたがセンスの良さはさすがです。

私もミントンは大好きでいくつかお皿など使っていますが花柄が美しくて飽きません。

お嬢様の「長生きしてね」の言葉に思わずウルウル…

バラさん,一緒に住めないことはキャリアウーマンの子供さん持たれた親の宿命です。

寂しいと思いますが、今年も優しいJ様との物語聞かせてくださいね。loveletter

 

bottle撫子さんへ

おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

お正月の写真拝見しました。

さすが、お酒のお好きな撫子さん。写真の日本酒!堂々として気持ちが良いですね。

牧水・・・こちらにも同名のお酒がありますが美味しさが違うんでしょうね。

このお酒の横に着物姿の撫子さんがいらっしゃれば・・・・・着物姿拝見したかったわ。loveletter


bell bell・・東北の復興・・・・・私達、祈っています。(マジョリン)




エッ!~ホント?

2014年10月14日(火)晴れ(台風一過)sun

Cocolog_oekaki_2014_10_14_18_25

先日は、お習字の日。

家で清書したものを先生に提出します。

上手になりたい・・・・・その一心でガンバッテいますが思うようにならないのが世の常。

私は、一緒に習っている生徒の中ではランキング最下位。(´;ω;`)ウウ・・・

それでも、あきらめません。

なんとしても初段になりたい。

10級から始めて漢書は、5級まで来ました。ひらがなは少し遅れて始め、6級。先は長いわね~。

応援団長はぐうたら亭主。

何の役にも立たない勝手連です。

先生は、私の高校の後輩。

少しは、先輩に手心加えて・・・・・世の中、裏口ってあるでしょっ!

うちの亭主の人生なんか裏口専門。ほとんど裏口からフリーパスしていますから、裏も表も同じみたい。(笑い)

亭主、小学校6年生の時の担任が母親のいとこ。

それで、卒業の時正規の成績優等賞の賞状もらえなかったので、母が先生脅かして成績劣等生の賞状もらってきたというウソのようなホントの話。(笑い)

先生、後輩といっても年齢が下で離れていますから関係はクールです。

女性の場合、先輩、後輩のつながりはほとんどないですね。

亭主、ワイロ、ワイロなんて私の耳元で、囁きますがそんなこと私のプライドが許しません。(・A・)イクナイ

この日、お楽しみの機関誌が配布されました。

期待は裏切られてばかりの私ですが早速、冊子開こうとしましたら・・・・教室内がザワザワ

万年最下位の私の「ひらがな」の写真が掲載されていたのです。エッ!ホント?

そして漢字のところは名前の上に○がついていました。ウワォ―!(v^ー゜)ヤッタネ!!

写真が掲載された場合と○がついた場合は、次の月には、昇級するということです。つまり来月から漢字は4級、ひらがなは、5級になります。(´,_ゝ`)プッ

漢字4級になれば、みなさんとほぼ横並び。

ダブル昇級。嬉しいわ。夢のよう・・・・

056

家につきますと待ってた亭主。イントロなしで「昇級した?」・・・・いやな裏口男です。

それでも、単純に喜んでくれたことをありがたいと思うべきなのでしょうか。(笑い)

今日のお花

フェンネル   ハーブで葉を魚の臭い消しに、種はピクルスの風味づけに使います。

005


006

今咲いている青い花。

 斑入りヤブラン 9月19日のバラさんのブログにアップされていました。追いかけてアップと思ったのですが怠けていましたので花の終わりちかくになってしまいました。右は、青のサルビア

040  061



キキョウ(最後の一輪)             ダンギク    

009   065

マジョリン通信

ブログ友の皆様へ

スーパー台風崩れの台風19号、皆さんのところコースに入っていましたが、ご無事でしたでしょうか。

私のところは14日夜2~3時ころ通過しました。(これ朝のTV情報からです。)

台風が名古屋にいるとき、こちらは雨風とも穏やかでしたから後のことは亭主に託して待ちきれなくて寝てしまいました。

亭主もすぐ寝てしまったようで二人とも台風の記憶はゼロ。

朝起きますと台風一過の秋晴れでした。さっそく北の窓開けて富士山をパチリ!

075

報道では、比較的被害は軽微のような印象受けましたが、被害状況が分かるのはこれからですね。

それにしても、今日の空、この青さに思わず三連休だったら・・・・ってため息。

067


bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

忙中有閑

2014年9月14日(日)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_09_14_22_06

「お母さん何で習字習ってるの?」

「習いたいからよ。」

「シンプルな考えだね。もう字うまくならなくてもいいんじゃない。」

「あのね、うまくなりたいと思ってやってるんじゃないの。習字は、書道っていうでしょう。道なの!」

「?」

相手が相手ですから、適当に。以前は、私が習字やっているの喜んでいたんですが・・・・・

今日、お稽古の日でしたから、昨日は、一夜付けの猛練習。

002

ようやく、夏が終わり凌ぎやすくなって背筋伸ばして頑張りました。

一年が今のような季節、春と秋だけならばいいのに・・・・練習中にふとそんなこと考えちゃいました。

もしそうなったら、どうなんでしょう。

また、考えました。

亭主、ゴルフばかりいきそう。

そんなことより大切なこと・・・お米がとれなくなるし、夏休みはなくなっちやうわね。

真っ白な富士山は見られないし、冬は私の誕生日?・・・・でも百歩譲って寒いの嫌いだから冬はなくてもいいわ。

そうすると、理想は春、夏、秋の三季。

そう思ったのですが、冬、山に積もる雪。

春から夏にかけて水となって私達に質量ともに世界一のおいしい水を供給してくれます。

と、いうことは冬がないと生命にかかわります。

やっぱり四季かぁ~・・・。

今日の習字の宿題、「春夏秋冬」・・・・こう流れていけば、話がうまくまとまったのですが、残念です。

「春夏秋冬」は大分前にやって今日は「忙中有閑」でした。

115

今、お稽古は20人ぐらいでやっています。

今日、8月の昇段・昇級が本に載りました。私の成績どうなったでしょうか。

お稽古終って家に着きますと待ち構えたように応援団長の亭主、「級上がった?」

まったくデリカシーのない亭主のこの言葉、私にはかなりのプレッシャーなのです。(笑い)

私の書の道、墨をすり筆を動かし、書くことを通して「心を豊かにする」いわば「心の鍛錬」なのです。分かりましたか、亭主殿。(笑い)分からないでしょうね、こういうことって・・・・。

今日のお花

今年は、お天気がちょっとおかしい。例年、彼岸花は、お彼岸に合わせて咲きますが2日前から咲きました。バラさんのお宅でもそろそろといっていました。

004   057

これ、アジサイですがまた、咲きました。夏の間天候不順で雨が多かったため梅雨の時期と勘違いしたかもしれません。


056


百日紅の花も例年8月に咲くのですが9月に入ってから咲きました。


025

106    041

芙蓉も遅れ気味です。


100

003   101


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン































私落ちこぼれ・・・

2014年4月29日(火)雨 rain

Cocolog_oekaki_2014_04_21_11_22

 お習字教室、3月で卒業しました。

 楷書の初段を目指しましたが、成績は惨憺たるものでした。(笑い)

 最終結果は、6級。

 6級は、私達卒業生の中ではただ一人の最下位でした。(涙)

 トップの方は、3級。

 私よりすぐ上の方は、5級でした。

 私、7級の時期が長く、7か月も続きましたからこの間に他の人はお先にって次々に階段を上っていっちゃいました。あ~置いてかないで~・・・・・・・

 いつも清書を提出しますと、先生が、「はい、よく書けてます。」って受け取ってくださいますから、期待して・・・やっぱり「だめだったのね」の繰り返し。

 途中、面倒になって、先生買収しちゃおうかしらなんて(笑い)・・・・

 

 この間支えになったのは、近代詩文と一字。

 近代詩文は皆さんと同じ5級。一字は、時々優をとっていました。

 でも、目指す楷書は、正真正銘のビリなのです。(笑い)

 

 亭主、お母さん、ホント字がうまいのに上に行かないね。(笑い)

 相変わらず亭主だけが褒めてくれます。

 亭主から見ますと下手な私の字でもうまく見えるのでしょう。(笑い)

 

 習字、卒業生が引き続き先生の指導の下、自主的に稽古を続けるということになりましたので、私も初段を目指し気の遠くなるような目標に向けて参加させていただいています。

 これから、国書のひらがなも加わりますから楽しみですが、なかなか上達しない落ちこぼれ夫婦のこれからの運命は・・・・・(笑い)

 「下手な横好き~」どこからかかすかに聞こえましたが・・・・ホントのことですものねぇ~。(笑い)

                        ♪

001         003 

今日のお花

 春の代名詞のお花・・・チューリップ。大分前から咲いています。もう次の八重のチューリップが追っかけてきました。チューリップ、花の下は長くても可愛いですね。

051

008   011

023_2   009

 

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

 

 

齢のとり方

 2014年2月28日(金)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_02_28_21_04

 昨日は雨。雨は絹糸のように繊細だった。

 これ春雨だわ。それでは少しばかり濡れていこうかしら。

 たしか、月形半ぺん。あら、間違いでした。半平太でした。(笑い)夕食はおでんでしたから。・・・・

077 

 「月様、雨が…」

 月形半ぺんいや半平太「春雨じゃ、濡れてまいろう。」

 こんなセリフ覚えていて春雨って聞けば・・・・反射的に濡れて・・・・。

 この物語の内容は分からないのですが、遠い昔映画で見たような見なかったような・・・・。

 

 ここ数日は春を先取りしたような暖かさで、特に今日2月最後の日は20度超えてました。

 そんな中、私達が、習っている様々な趣味の成果を披露する展示会がこの日から開かれました。

 私は、お習字・・・・・。(笑い)

 作品に名前が出ちゃいますから困ったことです。

 生徒の中で一番下の級ですから・・・一番下手ということですね。

 とにかく展示が義務化されていますから恥ずかしくても仕方ないです。これも人生ね。 

 願わくば知人が来ないことを祈るばかりです。

 この展示会、切り絵、水墨画、絵手紙、習字、折り紙、鎌倉彫、版画、七宝焼きなど10数部門と幅広です。

 

 展示場は、それぞれ割り当てられた場所に生徒が集まって、その中で展示方を工夫します。

 こういうことって、船頭が多く男女入り乱れてもめながら・・・・でも楽しそう。

 最後はそれぞれが納得。一年の成果の披露が始まりました。

 毎年展示会が終わって一区切り。

 皆さん、展示会ごとに、一つ齢を重ねますがいきいき輝いていて、齢のとり方としてはグッドですね。

写真 習字の部の作品をパチリ!

030      031

切り絵と七宝焼き

025      016  

鎌倉彫…なかなか上手に彫れていました。

 057   

今日のお花

 椿ですが、赤い賦がはいっていて可愛い花です。

  016   

 

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

納豆いや納得

2014年1月23日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_01_24_11_10


 先日の午後、今年初めての書道教室でした。

 あわてて、午前中ににわか練習。

 何枚か書いて、ウ~ンようやく納豆!いや納得!(笑い)

 そういえば甘納豆亭主大好きです。亭主の母も好きでしたから完全な遺伝。

 話があらぬ方向にそれてしまいました。

 午後、教室に参りますと皆さんそれぞれが、筆を走らせていました。ホント真面目です。

 まず先生に自分の納豆いや納得の作品を提出します。

 先生笑顔でそれを受け取りみながらよく書けてますね。って・・・・毎度このセリフ。

 そういわれますと満更でもなくその気になってしまいます。

 私の腕上がってるのかしら・・・・・・・進級間違いないわね。根拠薄い自信です。

 

 練習しながらでしたが、皆さんの話題は正月飾りのこと。

 私の地域では、1月7日に玄関に出しているしめ飾りを取り外します。

 どこも7日なのですが、細かいところで違いがあってまちまち。

 

 ある方は、7日の朝外す。

 ある方は、7日の夕外す。

 ある方は、7日一杯は飾って8日の朝取り外す。

と、分かれました。

 ちなみにうちでは、7日午前中に適当にはずしました。

 

 いろいろ意見がありましたが、正解はどなたも自信がなく、7日の朝外せばよいのでは・・・が多かったですね。

 今は、昔の風習・習慣を知っている方は少なくなってしまいました。核家族の弊害です。

 伝統的な風習・習慣などは、それなりの意味・意義があるのですからしっかり受け継いで子や孫に伝えていかなければなりません。

 ちょっとしたことから大いに反省させられました。

 家に帰って、私、よせばよいのにぐうたら亭主に訊いちゃいました。

 

 私、「ちょっと伺いますが・・・・」亭主、「伺うって・・ただで?」

 私、「当然よ!何言ってるの!」亭主「訊きたいことって何かね?」

 私「かくかくしかじかで・・・・お飾りのこと。」

 亭主のanswerは・・・・。

 「昔から7日は、7日正月目が覚めたっていって、正月は7日で終わり。正月にお餅食べ過ぎて胃が疲れているから七日は七草粥食べるの。

 わかった?エヘン!よってだな、この日に正月は終るのだからこの日の朝、お飾りは片付ける。

 エヘン!このお飾りは、13日の日にどんど焼きで焼いてしまうのが一般的じゃが、わしらのところはもうとっくにそんなことやめとるんじゃよ・・・・。ごみとして出しているんじゃ。

 罰当たりなことじゃのう・・・・。」

 な、なに・・・その語り口・・・・・偉そうに・・・・。何がエヘンよ。何がよってだな?何がわしら?何がじゃよのう?なの。

 バッカみたい。それぐらいば誰だって知ってるわよ!やっぱりね。

写真 お習字、練習して提出しても、依然私教室でビリ・・・・。8月に7級になってそれから据え置き。

 その間に皆さん進級して、今や5級以上ですから困ったことです。いつも先生、上手に書けてるっていってくれるのですが結果がついてきませんので下手ってこと。(笑い)

 今度、先生が上手に書けてるとおっしゃられる根拠伺ってみようと思っていますが・・・果たして言えますかどうか。

005

当地方の玄関のしめ飾りは、こんな形しています。この処分を巡っていろいろと・・・・・。

002_2

今日のお花

侘助がたくさん咲いています。他の椿はちらほらですがこの花がいつも早く咲きます。

004




005   007

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン