« 福はうち! | トップページ | 東伊豆の旅館 »

17年ぶりの・・・・・

2015年2月6日(金)晴れsun

Cocolog_oekaki_2015_02_06_11_51

先月のこと、亭主の友人のKさんから電話があって「今、門の前にいる・・・・・・。」

電話とってどうぞって、家の中に入っていただきました。

前日に、亭主の高校時代の恒例の会があり、今まで皆出席のKさんが風邪で欠席されたので、亭主お見舞いの電話を入れたのです。

欠席の理由は、Kさん風邪でなく大切な商用だったようです。

それで、大きな取引が順調に進んだということでその顛末を話しにきたのです。

Kさん、大きなマスクして、夢中で話していましたが、頻繁に咳が出てむせることも。

亭主、「お前、インフルェンザではないのか?」って伺っていましたが本人は、強く否定。

昼食をご一緒していても仕事の話に夢中になってしていました。

その間も……ヘ~ヘックション!ホーホケキョ・・・・・。(笑い)

私も亭主もインフルェンザの予防接種しておりましたから、咳など怖くはないと自信持っていました。

Kさん、「手ぶらで来てすみません」といいながらにこにこして帰られました。

052

翌日の夕方のこと、少し冷え込んできました。

私、何となくゾクッ!「もしかして幽霊~?」

それでも家事は平常通りにこなしました。

翌日、体がだるく風邪らしき症状になって、亭主に話してすぐ病院へ・・・・。

病院までは歩いて3分。

2代目の先生は、ヨチヨチ歩きの頃から知っています。

私子供の頃のこと知り過ぎているため信用していない(笑い)のですが・・・・反対に、先生も私のこと信用していません。(笑い)

診察は、簡単に熱計って「はい、風邪ですね。」

それで風邪薬頂いて帰りました。

薬飲んで2日発ちましたが症状は改善せず、おまけに熱が出てきました。38度。

いよいよねったきり老人。

亭主、熱が出たときいてインフルェンザを疑ったようです。

すぐに氷まくらしてくれたのですが、芳しくなく夜半22時ころ、夜間病院へ行こうって強引です。フラフラする私を車に乗せて病院へ。

患者らしき方大勢いましたが、意外に早く私の番になりました。

鼻の穴に綿棒とおされて思わずウヒ~、病名・・インフルェンザ!

すぐにタミフルを処方していただき・・・・・熱は下がりました。

予防接種していたからこれくらいですんだのか、タミフルの効果が絶大だったのかそのあたりのことはよくわかりませんが結果は上々でした。

それでも、その後は気力の方は平常に戻らず1週間ほど家の中でぐずぐずしていました。

一方、亭主は?

私のために食事の世話など、臨時介護士。張り切ってやってくれましたが、私が快方に向かうころ、俺もおかしい・・・。

亭主の主治医は別です。すぐ病院にいって受診。

その時は陰性。

でも症状は似ていて、家にインフルエンザの家族がいるということで予防的にタミフルを処方してくださいました。

その後、亭主も順調におかしくなり、(笑い)ひかえていたタミフルを服用しました。

そのおかげで、亭主、寝込まないで済みましたが、大事な会議は休んでしまいました。

かくして、私たち夫婦、平成10年に二人でインフルェンザにかかって以来の感染者になってしまいました。

Kさんが原因のような流れになってしまいましたが、そうではなくことの経緯、ながれを綴ったもので・・・・・・・でも、Kさんが原因だったならKさんのお土産?・・・・・これ以上は親しい間柄ですから止めておきます。(笑い)

今回の教訓です。

症状が改善しない場合、先生の診断を疑がうこと。疑ったら行動すること。

インフルエンザの予防接種受けていても絶対ではなく感染すること。

タミフルは、私たち夫婦には効果があったこと。

夫婦二人の生活です。せめて発病は交替に・・・。仲良く一緒では悲劇です。

食材は十分用意しておき、体温計、水枕の置いてある場所はすぐわかるように・・・・。

氷は、コンビニに売るほどあります。(笑い)

2月、まだまだインフルェンザの猛威、沈静化しませんが油断されませんように・・・・。

写真

毎日訪ねてくる小鳥を部屋から見て慰められました。

223

008_2  009 

021  052

 

今日のお花

岩根絞りの一番花。これからたくさん咲くと思います。

029

こちらは名は・・・形が崩れていますが・・・忘れました。

006

bell bell・・東北の復興・・・・・私達、祈っています。(マジョリン)



























« 福はうち! | トップページ | 東伊豆の旅館 »