« 東京から京都へ | トップページ | トキメキ »

秋と冬の交差点

2014年11月28日(金)曇りsun

 

Cocolog_oekaki_2014_11_28_20_51

昨日は、快晴。

気温も高めで、暖かく小春日和とはこういう日のことね。

ごみを捨てにステーション(地域のごみ集積場)にいき戻ってくるとき頭あげますと今日の富士山、真っ白。わ~綺麗!

前々日と前日の雨で山肌が真っ白になりました。

これからの季節、私の住んでいる所が雨ですと富士山頂は雪です。

今年も残すところわずかですが、振り返りますと、富士山比較的顔出さなかったような気がします。

世界遺産になって多少疲れたのでしょう。

でも、この日はちがいました。

よし!今日は、写真撮りに行くわ。そう決めたのですが、午前中は洗濯など家事いろいろでアセアセ。 (A;´・ω・)アセアセsweat01

で、出発は午後になってしまいました。

このパターン、私のオハコです。

車にのる前に富士山を眺めますと、え、雲に隠れてる・・・・・。

午前中は顔出していて午後には雲隠れ。こういうことってよくあります。

あ~今日はダメね。あきらめようとしますと、あとから出てきた運転手。(笑い)

運転手は亭主のことですが…(笑い)、富士山気まぐれだからダメもとで行ってみよう。そうなんです。私と同じ。気まぐれなのです。

いざ、出発。

富士山は、どこから見ても美しいので、ビューポイントたくさんあると思いますが、私としては、ここが近くて最高だと思っています。

あ、最高はほかにありました。伊豆天城高原からの富士。

天城高原ゴルフ場の前付近から見る富士山はまさに「天空に浮かぶ富士」。

これが私の中では最高です。

今度、ここからの富士山、一度ご紹介したいと思います。

そういうわけで、ここからの富士山は二番目です。

このビューポイント。ほとんど知られていません。ですから私だけの秘密の場所です。

箱根西麓の入り口付近。視界は360度。

ここに着きましたらどうでしょう。魔法みたいでした。

そう、わたし、魔女。

雲は消えて眼前に麗峰富士が。これぞ日本が誇る世界遺産です。

ここで、パチリとした後帰ろうとしましたら、30代と思(おぼ)しき女性がカメラもって車止め、やってきました。

この方にお伺いしましたところ、ここは、彼女にとっても秘密のビューポイントだそうで・・・・・結局、私と彼女のビューポイントでした。

蛇足ですが、彼女一眼レフの本格派でした。

写真  秋の終わり、日本晴れの中の富士山 確かに、雲より高かったわ。

054

ズープ使って・・・

056

更にズーム…限度までアップ。

063

こちらは、上の写真より1キロくらい西に移動して撮りました。

違いは、富士山のお腹がへこんでますがここは宝永山の噴火口です。この噴火口の位置が上の写真と比べほんの少しだけ右側二よります。

065

052




この場所は、箱根連山も眺望できます。遠くの山並み、箱根連山です。

048   071

この場所から西側を見ます駿河湾が見えます。中ほどにある山並みは沼津アルプス。

今、この山、縦走所要時間6時間だそうで、山ガールやシニアに人気があるそうです。

082

帰りが け、日本大学三島校舎前の銀杏並木が見ごろでした。

この日私がいったところ・・・・・・「秋と冬の交差点」

096    090_2


089_2

今日のお花

え、椿が・・・・いつも早い侘助が更に早い?

004   006

水仙も2輪咲きました。こちらもちょっと早い感じです。・・・・・・。

021

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

« 東京から京都へ | トップページ | トキメキ »