« エッ!~ホント? | トップページ | 箱根ラリック美術館と金唐紙 »

東京に行こう!

2014年10月18日(土)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_10_18_13_06

東京都美術館で10月11日からウフィツィ美術館展が始まりました。

ご存じのとおりウフィツィ美術館は、ルネェッサンス発祥の地イタリアフィレンツェにあり、ルーブル、エルミタージュと並ぶ世界三大美術館の一つです。

ウフィツィ美術館にある絵画は、宗教画が大半ですから、フランス印象画大好きな日本での人気はどうなのでしょうか。

ウフィツィ美術館展は、日本初だそうで信じられないですね。

ところで、私は今年の7月ウフィツィ美術館を訪れました。

ツアーですからガイドさんがピンポイントで選んだボッティチェリなど巨匠の超有名画を見学。

作品鑑賞時間は短時間、ま、よく言えば効率的に見学したということでしょうか。

そんなことで私としては、消化不良でしたから今回、日本でウフィス美術館展が開催されるということで、リベンジ願望があるのですが・・・・・さてリベンジなるでしょうか。

リベンジすれば・・・・っていわれればそうなんですが迷っているのです。

実は、今夏8月のことですが、私は、健康診断で大腸がんの要精密検診の通知をいただきました。

それで、9月の中旬に検査を予約しました。

ガンかも!

そんな心配が私を焦らせました。

ガン・・・・イコール死。

そんな古い頭していますから・・・・そうだ!すぐにでも東京に行こう!

この際、孫のリンゴと富士太郎にあっておかなければと、ここは祖母の本能。

まったく理性がなくなって上京、一晩泊まってきました。

その日の夕食・・・私の中では最後の晩餐。(笑い)

裏切ったのは誰?当然・・・・・ぐうたら亭主(笑い)・・・あ、関係ありませんね。

夕食を挟んで密度の濃いひと時を過ごし翌日は、午後から娘のラズベリーと孫のリンゴに付き合ってもらって上野の森、東京都美術館へ。

開催中のメトロポリタン美術館古代エジプト展、「女王と女神」を見に行くためです。

私、古代エジプトのツタンカーメンなど至宝物展は大好き。

すっかりガンの精密検査のこと忘れて楽しく見てきました。

日本初公開の古代エジプトの至宝、約200点でしたから見ごたえはありましたね。

ファラオとして知られる女王ハトシェプストにまつわる品々、愛と美の女神ハトホルの像やレリーフなど紀元前1300年前後のものが惜しげもなく陳列されていて圧巻でした。

3000年も前に生きた人々、エジプトには確かな文明がありました。

古代の人の能力の高さは、今と変わっていないのです。

エジプト展を見てその数日後、大腸がんの精密検査を受けその結果は、「異状なし」

先生いわく、3年間は検査しなくても良いとのことでした。

結果聞いて、思わず「先生良い人ですね。」なんて朝の連ドラ「マッサン夫婦」のようにハグしたくなりましたが先生に嫌がられますから止めました。

ところで精検・・・なんだったのでしょうか。私が問診票に、大腸がおかしいってことをクドクド大袈裟に書いたことが原因だったようです。

ま、そんなことから9月に東京都美術館訪れちゃいましたので、・・・・・またとなると、どうしようかと迷っているのです。

写真

上野で開催した古代エジプト展。メトロポリタン美術館で見ているものもあるはずでしたがまったく覚えていませんでした。

この展覧会、今は関西方面で開催しているとか。

080


パンフレットとポストカード

063

059  064

東京に行きますと、必ずよる越前屋さん。刺繍の糸など買います。

072

今日のお花

秋バラが咲き始めました。家のバラは、春はたくさん咲きますが秋はポツリポツリです。

育て方に問題があるかもしれません。

♪ヘリテージ
002

♪ジュビリー・ド・モナコ             不明

013    022

10月16日でしたか。富士山が初冠雪。家の窓からパチリ!昨年より遅く例年より早い?あれ逆だったかしら・・・・ま、初冠雪ということで富士山も寒いなぁ~いや、冷たいなぁ~なんて言っていました。

001

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

« エッ!~ホント? | トップページ | 箱根ラリック美術館と金唐紙 »