« 旅行雑感 | トップページ | 中次を彫る »

忙中有閑

2014年9月14日(日)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_09_14_22_06

「お母さん何で習字習ってるの?」

「習いたいからよ。」

「シンプルな考えだね。もう字うまくならなくてもいいんじゃない。」

「あのね、うまくなりたいと思ってやってるんじゃないの。習字は、書道っていうでしょう。道なの!」

「?」

相手が相手ですから、適当に。以前は、私が習字やっているの喜んでいたんですが・・・・・

今日、お稽古の日でしたから、昨日は、一夜付けの猛練習。

002

ようやく、夏が終わり凌ぎやすくなって背筋伸ばして頑張りました。

一年が今のような季節、春と秋だけならばいいのに・・・・練習中にふとそんなこと考えちゃいました。

もしそうなったら、どうなんでしょう。

また、考えました。

亭主、ゴルフばかりいきそう。

そんなことより大切なこと・・・お米がとれなくなるし、夏休みはなくなっちやうわね。

真っ白な富士山は見られないし、冬は私の誕生日?・・・・でも百歩譲って寒いの嫌いだから冬はなくてもいいわ。

そうすると、理想は春、夏、秋の三季。

そう思ったのですが、冬、山に積もる雪。

春から夏にかけて水となって私達に質量ともに世界一のおいしい水を供給してくれます。

と、いうことは冬がないと生命にかかわります。

やっぱり四季かぁ~・・・。

今日の習字の宿題、「春夏秋冬」・・・・こう流れていけば、話がうまくまとまったのですが、残念です。

「春夏秋冬」は大分前にやって今日は「忙中有閑」でした。

115

今、お稽古は20人ぐらいでやっています。

今日、8月の昇段・昇級が本に載りました。私の成績どうなったでしょうか。

お稽古終って家に着きますと待ち構えたように応援団長の亭主、「級上がった?」

まったくデリカシーのない亭主のこの言葉、私にはかなりのプレッシャーなのです。(笑い)

私の書の道、墨をすり筆を動かし、書くことを通して「心を豊かにする」いわば「心の鍛錬」なのです。分かりましたか、亭主殿。(笑い)分からないでしょうね、こういうことって・・・・。

今日のお花

今年は、お天気がちょっとおかしい。例年、彼岸花は、お彼岸に合わせて咲きますが2日前から咲きました。バラさんのお宅でもそろそろといっていました。

004   057

これ、アジサイですがまた、咲きました。夏の間天候不順で雨が多かったため梅雨の時期と勘違いしたかもしれません。


056


百日紅の花も例年8月に咲くのですが9月に入ってから咲きました。


025

106    041

芙蓉も遅れ気味です。


100

003   101


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン































« 旅行雑感 | トップページ | 中次を彫る »