« 第10回目刺繍のお稽古 | トップページ | 歴史に名を・・・ »

オーマイガー!

2014年6月7日(土)雨曇りraincloud

029

 私の5月20日のブログのタイトルは「ちょっとした事件」でした。

 メジロが居間の東側の窓から手の届くところにあるヒメシャラの木に巣を作り、卵を温めているのを発見したのです。

 それからというもの、私と亭主メジロの名をピーコとつけ、彼女の応援団。

 もちろん私が応援団長。

 亭主、不満そうだったけど副団長ってことで手を打って部員はいません。

 とにかく、暇を作っては巣を確認して大丈夫、いるわ。

 二人して、赤ちゃんの誕生を楽しみに毎日を過ごしていました。

 

 外出から戻りますと、二人ともまずはピーコの確認。

 たまに、見当たらない時があったのですが、お互いそわそわ・・・心配しました。

 オス鳥は一度も見ることがなく、そんなことから母子家庭だわ。なんていっていました。

 お母さん一匹でガンバてるわね。ますます応援に力が入りました。

 6月2日。

 何となく、周囲がざわついて、3匹のヒナの誕生でした。

 亭主は、伊豆の温泉にいって留守。

 そういえば、娘のお産の日、亭主、伊豆の温泉にいました。今思えば同じ場所。

 よってぐうたら亭主!

 巣を見ますと大きな口空けた三匹・・・・可愛い。良かった~・・・・・・。

 翌日亭主が帰宅。お父さん三匹よ!え!そうか~って大喜びでした。

 その後は、窓際からの観察は以前より頻繁になりました。

 餌を咥えては巣に戻るピーコをみては、頑張って!

 そして、6月4日の日、事件は起こりました。

 刺繍のお稽古から私が戻りまして、巣を見ますと見当たりません。

 お父さんどうしたの?って聞きますと、「・・・・・・」 「・・・・・・」 

 赤ちゃんはどこ?「・・・・・・・」

 よく見ますと枝が折れ、木の下には、空になった巣が落ちていました。

 オーマイガー!!

 しばらくは、茫然自失。

 亭主は、野良猫の仕業。私は、カラス。

 どちらにせよ、とんでもないことになって・・・・

042

 

 亭主もこの日外出していて、私達が留守にしたのがいけなかった・・・。

 昨今、人間社会で親が幼い子供を育児放棄する事件が多く、心を痛めるのですがピーコ、ホント偉かったわ。

 せめて、ピーコだけでもよいから戻ってきて。

 でも、でも・・・もう二度と戻らないでしょうね。(涙)

写真 ピーコ、左手前の木に巣を作りました。

068

 写真が、見にくいのですが巣からヒナが頭を出しています。右は、2匹写っています。

036   030

 餌をやりに来たピーコの背が写っています。右、落ちていた巣。こんなに上手に作っていました。

005   040

今日のお花

 巣からピーコが見ていた景色。紫の花の向こうの木に巣を作りました。

002

 

巣のあった木、ヒメシャラには夏椿が。

129

ジキタリスが何故か横になっていました。右は、キングサリ

054    043


bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

« 第10回目刺繍のお稽古 | トップページ | 歴史に名を・・・ »