« 春爛漫の気配 | トップページ | 偶然のおめでたい話 »

貴公子のコンサート

20 14 年3 月22日(金 晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_03_17_11_04

 大分前に、S生命保険会社の方からチャリティコンサートの入場券をいただいておりまして先日がその日でした。

 亭主の分と2枚。

 亭主も行くっていいますから、きびだんご一つあげてお供させました。(笑い)

 チャリティーコンサート、昨年秋・・・それ以来です。

 今回は、東日本大震災で被災された学校へピアノを寄贈するプロジェクトだそうです。

 内容は、ピアノコンサート。

 演奏者は、清塚信也さん。

 私初めて名前きいたのですが、5歳からクラシックピアノの英才教育受けられ、桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業。

 これだけ聞いただけで凄いわ~ですね。男子ですが女子高・・・・・男女共学。

 それで、その後の経歴が凄いですね。

 第1回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA第1位

 2005年日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位

 ドラマ、「のだめカンタービレ」、映画、「神童」の吹き替え演奏担当

 NHK大河ドラマ竜馬伝「竜馬伝紀行」テーマ曲演奏

 ほかにも・・・・・さまざまな面で活躍されているそうです。のだめカンタービレや大河ドラマ夢中で見てましたからこの方の演奏すでに何回か聞いていたのですね。

    清塚さんの詳細はこちらでどうぞ→http://shinya-kiyozuka.com/index.html

 

 この日のプログラム

 ドビッシー   月の光・アラベスク第1番

 ショパン  ノクターン第2番OP.9-2・幻想即興曲・英雄ボロネーズ

 リスト  愛の夢

 ミシェル・ルグラン  映画「シェルブールの雨傘」テーマ曲

 ニーナ・ロータ  映画「ロミオとジュリエット」より

 ロルフ・ラグランド  ユー・レイズ・ミー・アップ

 ガーシュウイン  ラブソディ・イン・ブルー

 ききなれた曲中心で親しみやすかったですね。その中でリストの演奏・・・指の動きの速さと力強さは圧巻でした。

 演奏前の紹介で、清塚さんクラッシックの貴公子と呼ばれているそうで年齢は30代?と若々しく、確かに2枚目のいい男。

 何より、曲と曲の間のトークが軽妙・ユーモアがあって面白く私達を飽きさせませんでした。

 ピアノだけでなくこちらの方も天才?

 私達の席、前から5列目という良いところ。亭主、ピアノと共演するくらいのいびきかかれたらどうしようと心配しましたが、心配は無用でした。飽きなかったのですね。

 演奏が終わって、ホール出るとき亭主、お母さんゆっくり後から出ようと盛んに言います。

 その意味は、出口で貴公子に会えるから・・・・・。

 亭主の言うとおりでした。大分お客さんが会場出た後、出口近くがざわめいて、清塚さん募金箱の前に現れました。

 皆さん、そこへ殺到・・・・・・・。 

 亭主、私に千円渡して握手してもらったらって・・・・親切なこと。(笑い)

 私、入場するとき募金箱にお金入れちゃったのですが、清塚さんと握手していただくにはもう一度募金して・・・・・めでたく握手していただきました。とても柔らかい手でした。

 清塚効果で募金も増えて、主催者もお喜びでしょう。亭主、家に戻ったら千円返して!そんなこと言いませんでした。(笑い)

写真。コンサート大盛況でした。

017

023

027_3

今日のお花

 貴公子にふさわしいお花、探しましたがこれしかありませんでした。カトレアとシンビジュームをアップしました。あ、まだ、手の感触・・・・。(笑い)

022_2

097_2

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

« 春爛漫の気配 | トップページ | 偶然のおめでたい話 »