« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

よう~ウバザクラ

 2014年3月30日(日)雨rain

Cocolog_oekaki_2014_03_29_19_12

 桜便り毎日のようにききます。今年はサクラいっぱい見たい。

 そんな気持ちですが、私にとってはどこのサクラを見るかが問題です。

 サクラはサクラで同じですが。

 どこでもいいじゃ~ないって亭主はいいますが、そう単純ではありません。

 家から徒歩300mもいけば立派な桜並木があるのですが、それ見てもなぜか満足しないのです。

 何故なのでしょう。

 

 私が、見たサクラでは長野県伊那市高遠のサクラ・・・・ここはよかったわ。

 

 高遠は、江戸時代に高遠藩が置かれ、江島生島事件の江島の幽閉先でも知られています。

      Cocolog_oekaki_2014_03_31_07_45    

 小高い丘陵に城址があり、そこがサクラの名所です。ソメイヨシノとは違う小ぶりでピンク色のやや濃いタカトウコヒガンザクラが城址一面を埋め尽くします。その様は圧巻です。

 

 高遠のサクラに関しましてはこちらでどうぞ。・・→http://takato-inacity.jp/h26/16-2

 

 サクラ祭りでいっぱい人が出ている名所、高遠のようなところに遠出しますと大満足で、今年のサクラよかったわねってことになります。

 そうそう、日本昔話に出てくるような・・・・・山深く入った里に慎ましく咲くサクラ・・・・こんな風景も長閑で好き。

 おかしいですね。

 昨日は、養花天・・・朝から暖かく花見日和。

 近くのサクラ見に亭主に誘われてサクラ並木の川沿いを歩いてみました。7分咲きといったところでしょうか。

 やっぱり、ソメイヨシノ気品があって美しい・・・まるで自分を見ているよう・・・・・・ではありません。(笑い)

 

  よう~ウバザクラ!・・・・・・今の誰?聞こえたわ。

 歩きながら亭主に、今年はどこかサクラ見に行きたいねって言いましたら・・・・・お母さん今見てるの・・・・なに?だって。(笑い)

写真 近くのサクラ並木。人はちらほら・・・・・さくらさくら弥生のそ~ら~に・・・♪

088

061   084  

右がサクラで左が夏ミカン。

066

  091_2    069

086

今日のお菓子

 先日、亭主伊豆に一泊。福家さんのケーキをお土産に買ってきました。伊豆の国市江間にある福家さんのケーキは、イタリアンロールが有名ですが、これは洋ナシのムース。

 とても上品でおいしかった。

 この日、サクラ見た後、家で三時をしましたが・・・「花より団子」・・・ウーム、これ当たっているかも・・・・。

027_2    031

 

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

刺繍のお稽古第4回

2014年3月27日(木)雨rain

Cocolog_oekaki_2014_03_27_22_16

 刺繍の先生変えてから、4回目のお稽古になります。

 雰囲気、環境にも慣れて今は楽しい。

 静岡市に通っているのですが、この街素敵で一応政令都市ですからそれなりに活気があります。

 江戸時代の呼称は駿府。どなたもご存じの家康公が隠居してました。

 家康さんも、気候がよく美味しいものがあるところ分かっていたのですね。

 家康公、隠居したとはいえ権力を握っていましたから、駿府にモノづくりの優秀な職人を全国から集めました。

 彼らは駿府に根を張り活躍、延々その技が現在まで伝承され地場産業となっています。

 そういうものを見るのも結構楽しい。

 JRの駅構内にある「駿河楽市」には、様々な地場産品が商品として並んでいます。

  
   特産品を上げてみますと、駿河竹千筋細工、駿河雛具、駿河雛人形、駿河漆器、駿河蒔絵、駿河塗下駄、、それに家具。

 刺繍の先生、こんな土壌がある駿府で育まれたからでしょうか。刺繍の見事なこと。

 お宅に行きますと、お部屋のあちらこちらに作品が飾られています。

 素敵だわ~。私も早く上手になりたい!

 この日は、家でやってきたステッチを見ていただき、それから先のかがり方を教わりました。

 たくさんのステッチがありますから、焦らずひとづつ…一歩づつ身につけていくしかありません。

 未知への挑戦!私、まだまだヤル気ありますが・・・・でも季節の変わり目、夢中になりますとすぐ肩が凝って眩暈を起こします・・・・。私って、とてもデリケートなのです。(笑い)

 齢のせい~・・・・・誰?

写真 この本にあるように、ステッチは、次第に高度な技になっていきます。

020

取りあえず、ここまで仕上げここからさらに進化させていきます。

 023_2     022_2

 先生の作品で、椅子に刺繍がされています。静岡は家具の本場ですから、刺繍用の椅子をオーダーしたのでしょうか。大がかりですね。

001

002_3    003

今日のお花

ヒヤシンスが咲いて、春の庭らしくなってきました。

061

063     072

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

偶然のおめでたい話

2014年3月24日(月)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_03_23_19_11

 お彼岸の間、ポカポカ陽気でした。

 特に今日は、ソメイヨシノが開花したのを見ました。まだちらほらでしたが本州では一番早い開花だといっていました。

 うちの庭のお花も、咲き始め、木の芽もにょきにょき・・・・

 待ちに待った春、一気に到来の感じです。

 先日、亭主朝早く起きてゴルフへ・・・・。

 私、亭主が起きた気配分かっていましたが寝たふり。

 遊びに行くのに朝食の支度などしてあげたら、亭主のためになりませんから。

 これも立派な人間にするための躾けと、忍びがたきを忍び耐えがたきを耐え・・・亭主が着替えている間グゥーグゥーグゥー・・・・なんて部屋中にイビキ響かせて・・・手の込んだことしているのです。(笑い)

 亭主、朝食十分とっていったかどうか分かりませんがイソイソと出かけました。嬉しい時は決まってイソイソしますから・・・・・

 この日のゴルフは、大会だそうで参加者は70人ちょっと。といっていました。

 亭主、雨男・・・・午前中は、お天気はもっていたそうですが、午後からはやはり雨。いつもながら可哀そうね。

 

 夕方、亭主帰宅。

 家の中に入りますとそそくさと洗濯物出したりしていましたが、急に威張りだしました。あ・・・・体が後ろに倒れそう・・・・・。

 「どうしたの?」って聞きましたら、「エヘン!」って咳払い。「なんなのその咳払い。別に偉くないのに」っていいましたら、「こ、これを見ろ!」

 話し方・・どもっているわね。(笑い)

 「見ろって、え?さきの副将軍の印籠のこと?葵の紋がないわよ。どうしたの」って聞きますと・・・優勝したとのことでした。

 その、賞品がこちら方面ではお肉のブランドとして評価の高い「あしたか牛」・・・・でした。ステーキ用の肉が三枚入っておりまして大きくて見るからにジュワー・・・美味しそう。

 「お父さん偉いわ。」

 私としてはステーキが食べられますからこの際褒めちゃいます。

 「70人中1位だよ。分かる?この凄さ。」あ、また反ってる。

 「凄いことなのね。分かる、わかるわ・・・・・。」かくしてその日の夕ご飯はステーキとなったのでございます。

 柔らかくとろけるように肉汁がお口いっぱい広がって・・・・deliciousでした。

 そしたら、昨夕娘ラズベリーの亭主からぐうたら亭主に電話がありました。

 内容は、日曜日、会社のゴルフコンペで優勝したとのこと、報告の声、電話でしたが弾んでいたそうです。

 「優勝賞品は?」って亭主がききましたらすき焼き用の松阪牛。「え?同じだ!」血はつながっていない親子だけれど・・・・・めったにない、偶然のお目出度いお話でした。

 二人ともこれで今年一年の運、使い切らないようにね。って私、祈ってあげました。(笑い)

 

 

写真

 あしたか牛・・・・・

 平成9年には全国肉用牛枝肉共励会において「名誉賞」を受賞(黒毛和種)

 平成12年には「最優秀賞」(F1種)

 平成14年は「優秀賞」を受賞(F1種)と凄い受賞歴があるのですが、生産者が少ないためでしょうか、全国区でないのが残念です。

   あしたか牛に興味がる方は是非こちらをご覧ください。→http://nansun.ja-shizuoka.or.jp/asitaka/index.html

007     008   

009_3

今日のお花

沈丁花が咲き香りが家の中まで漂います。春の香り・・・・。

003

064     007_2

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

貴公子のコンサート

20 14 年3 月22日(金 晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_03_17_11_04

 大分前に、S生命保険会社の方からチャリティコンサートの入場券をいただいておりまして先日がその日でした。

 亭主の分と2枚。

 亭主も行くっていいますから、きびだんご一つあげてお供させました。(笑い)

 チャリティーコンサート、昨年秋・・・それ以来です。

 今回は、東日本大震災で被災された学校へピアノを寄贈するプロジェクトだそうです。

 内容は、ピアノコンサート。

 演奏者は、清塚信也さん。

 私初めて名前きいたのですが、5歳からクラシックピアノの英才教育受けられ、桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業。

 これだけ聞いただけで凄いわ~ですね。男子ですが女子高・・・・・男女共学。

 それで、その後の経歴が凄いですね。

 第1回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA第1位

 2005年日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位

 ドラマ、「のだめカンタービレ」、映画、「神童」の吹き替え演奏担当

 NHK大河ドラマ竜馬伝「竜馬伝紀行」テーマ曲演奏

 ほかにも・・・・・さまざまな面で活躍されているそうです。のだめカンタービレや大河ドラマ夢中で見てましたからこの方の演奏すでに何回か聞いていたのですね。

    清塚さんの詳細はこちらでどうぞ→http://shinya-kiyozuka.com/index.html

 

 この日のプログラム

 ドビッシー   月の光・アラベスク第1番

 ショパン  ノクターン第2番OP.9-2・幻想即興曲・英雄ボロネーズ

 リスト  愛の夢

 ミシェル・ルグラン  映画「シェルブールの雨傘」テーマ曲

 ニーナ・ロータ  映画「ロミオとジュリエット」より

 ロルフ・ラグランド  ユー・レイズ・ミー・アップ

 ガーシュウイン  ラブソディ・イン・ブルー

 ききなれた曲中心で親しみやすかったですね。その中でリストの演奏・・・指の動きの速さと力強さは圧巻でした。

 演奏前の紹介で、清塚さんクラッシックの貴公子と呼ばれているそうで年齢は30代?と若々しく、確かに2枚目のいい男。

 何より、曲と曲の間のトークが軽妙・ユーモアがあって面白く私達を飽きさせませんでした。

 ピアノだけでなくこちらの方も天才?

 私達の席、前から5列目という良いところ。亭主、ピアノと共演するくらいのいびきかかれたらどうしようと心配しましたが、心配は無用でした。飽きなかったのですね。

 演奏が終わって、ホール出るとき亭主、お母さんゆっくり後から出ようと盛んに言います。

 その意味は、出口で貴公子に会えるから・・・・・。

 亭主の言うとおりでした。大分お客さんが会場出た後、出口近くがざわめいて、清塚さん募金箱の前に現れました。

 皆さん、そこへ殺到・・・・・・・。 

 亭主、私に千円渡して握手してもらったらって・・・・親切なこと。(笑い)

 私、入場するとき募金箱にお金入れちゃったのですが、清塚さんと握手していただくにはもう一度募金して・・・・・めでたく握手していただきました。とても柔らかい手でした。

 清塚効果で募金も増えて、主催者もお喜びでしょう。亭主、家に戻ったら千円返して!そんなこと言いませんでした。(笑い)

写真。コンサート大盛況でした。

017

023

027_3

今日のお花

 貴公子にふさわしいお花、探しましたがこれしかありませんでした。カトレアとシンビジュームをアップしました。あ、まだ、手の感触・・・・。(笑い)

022_2

097_2

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

春爛漫の気配

2014年3月18日(火)曇りcloudrain

Cocolog_oekaki_2014_03_17_21_49

 3月も半ばを過ぎました。

 ここまで、冬と春とが行ったり来たり・・・・。

 毎年のことですが、冬から春への季節のバトンタッチはやきもきさせられます。

 え?3月は二つの季節味わえていい・・・。

 とんでもありません。体がついていけなくて四苦八苦。

 ようやく当地では、ここ数日、春めいてまいりました。

 私も活動的になって、ホップ!ジャンプまたジャンプ!ってな具合で・・・・・時々ヘックション!花粉症。(笑い)

 隣の部屋からは、ハックション!こちらも花粉症で私の後輩。

 亭主、虫と同じでようやくモゾモゾ・・・・・。動く気になったみたいだわ。

 すると、お母さん!と突然叫びました。え?驚かさないでよ。何よ、

 今日暖かいから早めだけどお彼岸のお墓参りに行こうかって。

 そうね。わたし、お彼岸のころ叔母のところに行くかもしれないから・・・・

 先日、叔母から着物あげるからいらっしゃいって電話があったのです。

 ハハ~ン。家でなにかあったんだわ。

 着物くれるの?良い物なら行くわよってこちらも条件によります。

 叔母は、同居している子供が養子夫婦のため、ことによるとケンカ?

 ま、愚痴きいてあげましょう・・・・そんなことで行く約束をしてしまいました。

 さて、この日の墓参りは、亭主の父母のお墓参りです。車で40分くらいかかるお寺に眠っています。

 出来が悪く親泣かせだった亭主ですが、私の知る限りお墓参りは欠かしたことがありません。私の親と若くして亡くなられた亭主の友人の墓参りも同じです。

 この人、お墓参り好きなのかしらなんて思うのですが・・・・そうではありません。

 怖いのです。(笑い)

 お墓参りさぼると○○が出る~・・・・と、思い込んでいるのです。(笑い)

 この日お寺に参りますと、サクラの花が満開。ソメイヨシノとは違う種なのですがとても美しく長閑。メジロが花に来てまさに春爛漫の趣でした。

 重いコート脱ぎ捨ててあ~春だわ~・・・・・。

 今日のニュースでは南の方からそろりそろりとソメイヨシノのサクラ前線上がってくる気配。お花見の計画も立てなくてはねって亭主に言いますと、いいとも!ですって。(笑い)

写真

お寺の境内にあるサクラ。メジロがたくさん来ていました。種類の違うサクラガ咲いていました。暖かいのですね。

041

037     045

 

038

032       033

034      036  

今日のお花

 雪柳がさきはじめました。駐車場のアスファルト破って出てきたもので生命力があります。真っ白な小さな花が集まってとてもbeautiful

011

066 033_2

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

今年も彫ります・・・

  2014年3月15日(土)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_03_15_10_23

  梅の花はすっかり落ちて、季節は新たなステージへ。

 サクラ前線が話題に上るようになってきました。

 サクラ。この花ほど日本人に愛されている花はないですね。

 毎年サクラを見ては、あと何回みられるかしら?って数えようとするのですが、私は絶対数えないようにしています。(笑い)

 咲いたら、すぐに散ってしまう花。

 <ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ>

 はかないわ。

 誰にもそう思わせるところがサクラの凄いところ?

 美しさとはかなさ・・・・人の心とらえる二つの要素、兼ね備えているのですね。

 ここでうちのぐうたら亭主登場!

 紋付き袴姿・・・・ではありません。

 亭主、サクラ永く楽しむには、品種改良して永く咲くサクラを作れば・・なんていいます。

 そういえば、昔、亭主、ブドウ食べていてめんどくさいなぁ~一粒がりんごくらいでっかいもの出来ないかなぁ~なんて横着なこと言っていましたが、リンゴの大きさは無理としてピオーネのように今は大粒なブドウができました。

 でも、サクラは知っているのだと思います。散り際が大切だということを・・・・・・。

 惜しまれて散る。だから、今のままでよいのです。

 日本人は、いさぎよさを好みます。

 散り際といえば、少し前の総理大臣でなかなかお止めにならなかった方がいらっしたような・・・・・。

 お天気、ようやく春めいて陽射しもポカポカ・・・・先日久しぶりの鎌倉彫のお稽古でした。

 5人で細々と続けていますがよく続いています。年長の男性のIさん、手術されてその後の経過も良く無事お稽古に戻られました。そのお祝いもかねて、今年まだ新年会していませんでしたのでお稽古早く切り上げて食事会をして今年一年、変わらず励もうと誓い合いました。

 鎌倉彫の模様には、牡丹が多くサクラもありますが少ないようです。牡丹が多いのは鎌倉彫が中国から伝来したことによるからでしょう。

 私の作品でもサクラは碁石入れの一つしかありません。 

 日本画など見ますと、サクラは圧倒的に多いですね。日本人とサクラ、切っても切れない感性への訴え、結びつきがあるのだと思います。

 

写真 これ、お重ですが仕上げが終わりましたから後は塗るだけです。

014       012

大分前に彫った、お弁当箱。亭主が現役の頃、お米入れて持たせてあげようと考えましたが亭主の顔見るとつい、もったいなくてやめました。ですから何のため作ったのか分かりません。(笑い)

036_2       035

この日のお料理・・・・今一つの評価でした。こういう場合、幹事役はお気の毒です。

 

003      004

005      006

007       008 

009      010

011

今日のお花

 鎌倉彫のモチーフにもなる椿。ぼちぼち咲いていましたが咲くとヒヨドリが来て花弁をついばんでいきます。それもいいかなぁ~なんてついばんでいるところ見て楽しんでいます。

096      079

024      002

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

花は咲く

2914年3月12日(水)晴れsun

  Cocolog_oekaki_2014_03_12_20_36

 3年前の昨日、つまり3月11日14時26分私は家の中にいました。亭主はゴルフ場。

 揺れ始めは、大したことないわね。そんな感じでしたがすぐおさまると思っていた揺れがとにかく長く続きました。

 一方亭主は、クラブハウスに入ったときに揺れにあったそうです。

 亭主直感的に大地震!と感じて外に飛び出したそうですが飛び出したのは亭主一人。

 他の人たちは大したことないって中にとどまっていたそうですが、そのうちに次から次にに飛び出して「でかいぞう~」って叫んだそうです。

 私は、揺れが収まってからお隣の奥さんに津波が心配だから逃げようと誘いましたら、もう一軒隣のおじいさんにも声かけましょうということに・・・・。

 お爺さん頑固で「いかない・・・・・。」

 それで、まごまごしているうちに奥さんも大丈夫ここにいるわってことで、私も家に戻りました。ちなみに避難しようとする人は皆無。

 津波が来ていたらうちの地域の人全員流されてしまいました。

 家に落ち着いて、TVつけたら震源地は東北。

 津波に押し流されているまちの状況が目に入りました。

 ただ事ではない。あとは、TVにくぎ付け。どれくらいたったのでしょうか。亭主が戻ってきて当地にも津波警報が出ていましたので大慌て。

 亭主、隣の奥さんも車に乗せて高台にある図書館へ避難しました。

 図書館は、本は読めるし椅子はあるし、明るく暖かいので格好の避難場所。ぐうたら亭主うまいとこ見つけました。

 ここで情報を確認し大丈夫ということで18時ころ図書館の隣の牛丼屋さんで夕食とって家に戻りました。

 うちの近所で非難したひとは私達だけでした。

 亭主、いや、こうっやって訓練しておくことが重要なんだ。分かった?っていいますからさかわらずそうね。っていっときました。

 それからは、被災地の大参事の様子にくぎ付けでした。

 とにかく未曾有の大災害。まちは軒並み壊滅し死者行方不明者数知れず。福島は津波と原発被害で、最悪の状況でした。

 早いのか、遅いのかよくわかりませんがあれから3年がたちました。

 その間、国をはじめとする各行政機関がしっかり復興を進めてくださっていると思っていましたが、それなりの事情があったのでしょう。

 復興は思うように進まず、様々な形で悲劇は続いていることが報じられています。

 どうしたらよいのでしょうか。

 特に、仮設住宅にお住いの皆さんや故郷に戻れず頑張っていらっしゃる皆さんのご心労拝見しますと胸が詰まります。

 あまりにも大きな問題ですから何も申し上げられませんが、とにかく被災者の皆さんが一刻も早く希望と安らぎのある生活を取り戻せるよう祈るしかありません。

 春の息吹が感じられるうちの小さな庭に今次々に花が咲き始めています。

 NHK東日本大震災プロジェクトテーマソングの「花は咲く」・・・・この歌の詩を、じっくり読んでみて改めて被災された悲劇を考えてみました。

Cocolog_oekaki_2014_03_11_22_36

 

    花は咲く

  真っ白な 雪道に 春風香る   わたしは なつかしい
  あの街を 思い出す        叶えたい 夢もあった
  変わりたい 自分もいた     今はただ なつかしい
  あの人を 思い出す        誰かの歌が聞こえる
  誰かを励ましてる         誰かの笑顔が見える
  悲しみの向こう側に

  花は 花は 花は咲く       いつか生まれる君に
  花は 花は 花は咲く       わたしは何を残しただろう

(作詞 岩井俊二氏)

  私のまちでは、この災害を忘れないようにと「3・11忘れない募金」が始まりました。

今日のお花

 花は 花は 花は咲く~♪ クリスマスローズは悲しみに耐え、水仙は誇り高く前を向き、桜草はひたむきに美しく。花は 花は 花は咲く~♪

061

026      027

028      036

014

095_2      091

015           010

011             013

マジョリン通信

バラさん、相変わらずお料理の出来栄えお見事ですね。J様お料理上手の奥様でおしあわせですね。

撫子さん、お酒美味しくいただいたそうで・・・・・。4月3日までは飾っておきます。

それから、つるし雛、挑戦しました。もちろん習いましたが・・・・。撫子さんのお部屋にも奥の方につるし雛がありましたね。

         

       

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

刺繍のお稽古第3回

 014年3月9日(日)晴れsun 

Cocolog_oekaki_2014_03_08_22_25

 先日刺繍のお稽古、第3回目でした。この日のお天気は雨。

 ついてないわ~私晴れ女なのに・・・・・。

 悪天候の中、8時の電車に乗らなければなりません。

 通常ですとぐうたら亭主に駅まで車で送らせますが、亭主前日から東京に出張。

 亭主雨男。やっぱり!

 というわけで、バスで駅まで・・・・

 静岡市に着いて先生のお宅で皆さん揃って糸を刺します。

 途中まで家でやってきた白糸刺繍、先生に見ていただき指導を受けます。

 しっかりした先生で、教え方もはっきりしています。この日は糸の抜き方について指導いただいて「はい、わかりました。」

 私って理解力がよく、その上素直。(笑い)

 私達、先輩の3人の生徒さんのこと、お話しているうちに少しづつですが分かってきて掛川、焼津、藤枝にそれぞれお住い。

 お仲間の今日の話題は、認知症のこと。 

 一同、これだけにはなりたくないと歯を食いしばって頑張っていることが分かりました。無論私だって同じ・・・・。

 先生の実技指導に確信を得て、この日のお稽古は終了。

 帰りがけ駅前の松坂屋でお友達がケーキの材料を、私は夕飯のおかずを買うことにしました。

、あと一人の方・・・・この方、松坂屋にバーミックス の部品を頼んであったそうで受け取るとのことでしたので私たちもついていきました。

 バーミックス、ライバル?娘のラズベリーは持っていて私は持っていません。母親として負けられませんので今日は様子見です。

 その後、神戸のコロッケ買って家路に・・・・・。 

 亭主、駅からのバス私より一本前で帰宅してました。

 亭主の第一声、お母さんお土産は?相変わらずの欠食○○。(笑い)

 コロッケしかないわよ!

 もったいぶった顔して、亭主、冷蔵庫から出してきたのがロールケーキ・・・・・あ、お土産。亭主の体、後ろに反って倒れそう・・・。

 め、珍しい・・・・・。一応、う、嬉しい!これいわないと不機嫌になりますから・・・・・

 お父さん食べましょう・・・・箱開けていい?お伺いも立てないとまた不機嫌に・・・明治の男ってこんなんじゃないのに。(笑い)

 神戸、アンテノールのモンブランロールケーキ。

 お父さんよく知っていたわねって聞きましたら、大丸入って一番近い場所で、店員にお宅のケーキ美味しいってきいたら、美味しいって言っていたから買ってきた。・・・そういうことだそうで・・・はい、シンプルなことです。

 この日、東京と静岡で買ってきたもの、両方が神戸ブランド。

 改めて神戸のブランド力に脱帽でした。

写真 今やり始めた刺繍は、シュヴァルム刺繍。ドイツ北西部のシュヴァルム地方で生まれた刺繍です。写真は、中央部、糸を抜いたところです。

 007     006       

 亭主のお土産のアンテノールの栗の渋皮煮モンブランのロール。イチゴと栗とあったらしいのですが季節外れの栗をチョイスした・・・いかにもぐうたら亭主らしい・・・・。栗好きの私、とっても美味しかったわ。下右は、私の買ってきたコロッケ・・・・

082

041_2       052

 昨日、お友達から頂いたクッキーこれも、偶然兵庫・芦屋ブランド。みなさんご存知のアンリ・シャルパンティエのプティ・タ・プティ・・・・・9種の焼き菓子。どれも美味しくて私一人で食べてしまいそう。

003              004

今日のお花

  シャコバサボテンが咲いています。家の中が日当たりがよく暖かいのでこの時期、次から次に咲いて楽しみです。

088       086

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

正解のないおかしいお話

2014年3月6日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_03_06_22_59

 時の流れと世間の話題の移ることの速きこと、矢のごとし。

 冬のオリンピックも今は過去のものとなってしまいました。

 ま、そうはいってもオリンピックですから多少余韻はあり、PCのニュースで知りましたが、JOC会長竹田恆和の息子さんの竹田 恒泰さんがオリンピック選手のことでツイターでつぶやきそれが物議をかもし、賛否両論ツイッターが炎上したと知りました。

 つぶやきは、オリンピック直前のこと。

 その内容の要旨ですが、

 「メダリストはメダルを噛むような品のない行為はしない・・・」、「国歌が流れる際には聴くのではなく歌うこと・・・・」

   さらに選手のコメントで「オリンピックは 国家背負って出ているのだから予選落ちしてヘラヘラと『楽しかった。思い出になった。』はあり得ない」・・・こんなことのようでした。

 ま、私は、こういうことはあまり関心がないのですが、一応ぐうたら亭主が何というか興味があったので話しました。

 亭主、こういう話は大好き。(笑い)何処で聞いたのかすでに知っていました。

 自称、明治の男、いうことは大体察しはつきましたが、やはり滑舌。(笑い)いろいろ言った後、「竹田さんに賛成」が、答え。思った通りだわ。(笑い)

 

 私は先にもいいましたが、別にどちらでもいいのですが日本選手が勝つと嬉しいし負けると悔しい。

 負けても頑張ったことがこちらに伝わると感激します。

 伝わらない場合は、仕方ないわね・・・・ですね。

 でも、人の考えって多様で面白いですね。こういうことって、きっと正解はないと思います。

  あ、そういえば、明日からパラリンピックが始まります。

 亭主にパラリンピックの選手がメダル噛んだらどうする?、負けて楽しかったっていったらどう思う?って聞きましたら亭主、弱ったなぁ~って言ってましたから・・・・どこか何かがおかしいわね。

 

 お話は変わって、ブログで人気のかれん桜さん、バラさん、あざみさん、撫子さんが桃の節句のお話しされていて拝読しているうちに、私も、たまには女の子らしく…(笑い)

 そこで、納戸の奥・・・柳コウリの中からそれこそ十年ぶりぐらいになるでしょうか、私のお雛様、飾ってみました。終戦直後の物がない時に親が買ってくれたものです。

 決して豪華とは言えませんが5段飾りで全部そろっていますがやはり、古いな~。私も古いから同じですね。(笑い)

 飾ったのは右にならえで内裏様とおひな様だけ・・・・。

 それに、これ飾る理由はもう一つありました。つるし飾りの作り方習っていましてそれができて、・・・・・・亭主に出来栄えはどう?って聞きましたら、亭主、「無」(怒)

 ま、男子ですから。

 そこで、おひな様と抱き合わせでアップした次第です。撫子さん、一周遅れの燗が抜けたお話でお酒の味が・・・・・ですね。(笑い)

写真 桃の花が咲くのは先のことですから、おひな様を満開の河津桜で彩りました。

091

005_2

070     071

101_2

ここからは、つるし雛です。

062        063

065        066

この、中心にある七宝まり(右の写真)は、手芸の名人Aさんから頂いたものです。

これを中心に初心者の私の苦心の作を飾りました。いただいた「まり」のおかげで見られるようになりましたか?

068         064

097

今日のお花

 ランでパフィオペディルム、袋状の唇弁が特徴で形状から女神のスリッパといわれています。

007_2

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

ひらり花びら

2014年3月3日(月)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_03_01_22_38

 うちの梅で、一番遅く花開く木が今、満開です。

 12月に植木屋さんが入って枝をバサバサ切ってしまったので、花に広がりがありません。

 それでも、この花、ピンクが濃く暖かみがあります。

 居間に座っていますと窓ガラスを通して花が見えます。

 風がないのに花弁が舞ってひらひら・・・・・。

 そんな時は、花にメジロが来ています。花の蜜を吸っているのでしょうか。昔は鶯が来ましたがそれも今は過去の話。

 メジロ、せわしなく動き回って落ち着きがない様子はまるで私みたい。

 花があって、小鳥の囀りを聞く・・・・こんなひと時は、春の訪れを実感します。

、メジロをカメラに収めようと・・・カメラ持って窓際にソロ~リ、ソロ~リ・・抜き足差し足忍び足。これ鼠小僧の極意。(笑い)

 カメラ構えてズームを最大限にしてチャンス狙っていましたら・・・・大声でお母さん何撮ってるの~って亭主の声。合わせて、ドタン!って音。

 音や動きに敏感な鳥はどこかに飛んで行ってしまいました。

 ダメじゃ~ない!大声だしちゃ~。(怒)

 必ずチャンスは訪れる。果報は寝て待て・・・・。暫くしますと花弁がひらひら落ちて・・・。

 来たわ。亭主縛って柱にくくって・・・そうはできませんからよく言い聞かせて固まってもらいました。

 ようやく撮れたのが下の写真。

 うちを訪れる鳥は、メジロのほかシジュウガラ、ヒヨドリなどですが鳥は必ずツガイできて、しかも仲良し。

 鳥のツガイには喧嘩、倦怠期、離婚って無いのでしょうか。(笑い)

 日本人の離婚は、結婚3組に対し1組だそうです。これが多いか少ないかは分かりませんが、参考までに鳥の円満な秘密知りたいですね。

 私達ツガイ、私の忍耐と寛容な心によって続いていますから続いているという点では鳥と同じ。(笑い)

 なんといっても功労者の私、大和撫子…妻の鏡なのです。(笑い)

写真 今満開の梅。暖かみのあるお花です。

005        003

メジロをピンボケでパチリ・・・・以下、動き回るところを追いかけました。写真が下手ですから見つからないかもしれません。

012

    

010

015      014_2

ヒヨドリは、椿の花びらを食べに来ます。

048

今日のお花

 クロッカス、とても小さな早春の花。この花見てますと顔がほころびます。とにかく可愛いのです。

 037_2      037_3

039      040_2

 

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »