トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

東京国際キルトフエスティバル

    014年1月29日(水)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_01_30_10_48

 キルトフエスティバルを見に東京へ。

 うちを出たのは土曜日。この日はとても暖か・・・。

 私って心がけが良いのね。

 箒に乗ればひとっ飛びで東京駅。

 この日はキルトフエスティバルはいかず、まずは大丸デパートで昼食。

 その後、トコトコ歩いて京橋にある手芸のお店、越前屋へ。

 越前屋さんは、1865年創業の老舗ですからお店の歴史は凄いですね。

 越前屋ですから発祥は越前国?

 時代劇で、悪代官が・・・これ越前屋、ちこう寄れ・・・・・ここは、そんなのとは違います。(笑い)

 こういう類の屋号の商店ってうちの方にも残っています。

 伊勢屋、加賀屋、三河屋、相模屋、近江屋などですがどれぐらい古いお店なのかは分かりません。

 さて、越前屋さんには手芸関係のものは何でもそろっています。所狭しと品物が並んでいますので、ここにきますと、欲しいものばかりできょろきょろしています。

 おかげさまで、首が・・・・・イタッ!

 ここで、17世紀アメリカで入植したころ流行った刺繍「アメリカンクルーエル刺繍 荒川慶子著」をget!それに糸と布を買いました。

 やはり、ここは何でもそろっていて嬉しいです。

 越前屋さんのホームページは→http://www.echizen-ya.co.jp/index.html

 こちらで大分時間を過ごし、次は新宿へ・・・・。

 行く先は、京王デパートです。屋上にあるセントポーリアのお店。

 久し振りにまいりましたら、お店が狭くなっていました。

 川上先生がおられた時は、広くてお花も多く勢いを感じたのですが、今は細々と営業しているような感じでした。

 セントポーリアの人気が下火になってきたのでしょうか。

 新しい苗があればと思ってきたのでがっかりしましたが、帰ろうとしたときお店に荷が届いて苗が届きました。

 その中から、選んで一鉢購入しました。細々でもよいですからお店続いてほしい・・・。ここに来るのも私の楽しみの一つですから。

 デパートの中、エスカレーターで降りながらキョロキョロ・・・・。あ、婦人服売り場!値下げ!って目に入りました。

 その売り場、私の好きなソニアリキエル。

 足がそちらに向いて安いものないかしらって物色。ふと目を上げると、私好みのセーターがこちらを向いていました。

 あら、いいわね。ってそっと値札見ますと大分値引きされていましたから、つい買ってしまいました。これって、衝動買いの典型です。

 私買うときはいつもぐうたら亭主、自分のものばかり買って・・・だから私だってたまにはいいわよね。って自分を正当化しています。

 これって、少しは罪悪感感じているってこと?それとも今日アサイチで覚えたばかりですがチョイスブラインドネス?

 翌日、娘のラズベリーとキルトフエスティバルを見る約束でしたから、この日はラズベリーの家に一泊。

 孫のリンゴと富士太郎、そしてパパとの久し振りの夕食でした。

 夕飯いただきながら、今頃ぐうたら亭主何しているかしら、夕ご飯ちゃんと食べてるかしらなど・・・・・・・良き妻として、まったくそんなこと思いは浮かばず、ラズベリーの手料理を大きな口空けてパクリパクリ・・・・・美味しいわ、「ご・ち・そ・う・さん!」でした。

写真  越前屋さんで買った「アメリカンクルーエル刺繍」 荒川慶子著

019

セントポーリアの苗、白に緑の縁取りのある花。名前エメラルド・ラブ。

023_2

私にとても良く似合うと自分で思っているセーター

069

第13回東京国際キルトフエスティバル

次の日に行ったのですが、写真が多くありますのでその一部を今日アップします。ちなみにこのキルトフエスティバルは、29日今日が最終日でしたから終ってしまいました。

後楽園ビッグエッグ。凄い人ですね。ほとんど中年以上の女性でした。

040

作家先生のブースです。沢山並んでいました。

058     057

060     055 

ここからは、宮崎順子先生のブースで販売コーナーです。いつも賑わっています。先生もいらっしゃって、ツーショットで写真をパチリさせていただきました。


044    045


046    048

フランス製のアンティーク風針刺し。とても素敵でした。
047

宮崎順子先生とツーショットお願いし、気さくにOKいただきました。とてもうれしかったです。

042

草野静香さんの日本刺繍の作品が出品されていました。いつみても素敵です。


093     091 


095    094

次回につづきます。

今日のお花

たくさんあった水仙が、まばらになってしまいました。これからは違う種類の花が咲きます。

164_2     028

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

戸田物語

2014年1月26日(日)曇りcloud

Cocolog_oekaki_2014_01_26_18_27

 今日は、春の陽気で日中の気温は17度。 

 ここ数日は、暖かい日が続いて喜んでいましたが、明日からまた寒気がやってくると天気予報。

 寒気を望んではいませんが、自然の営みですから仕方ないですね。

 もう、冬も半分以上過ぎたのに依然寒さには慣れません。

 過日、先月の電気料金の請求書見て驚きました。え?え?こんなに?

 私は、電気料金意識して無駄な使用は避けるよう努めていますが、考えられる原因はぐうたら亭主。

 再三イエローカード出して自覚を促していますが、人一倍寒がりですから私の目の届かないところではルーズにしています。親の心子知らず・・・・あ、子ではなかったわ。(笑い)

 電気料金こんなだわよ!といっても、お母さん、風邪ひいて病院に行けば元も子もないんだから、冬なんてすぐいっちゃうからガマン、ガマン。

 なんなら、オレの食事味噌と塩があればそれでいいから・・・・・なんていいます。

 原発が止まって発電不足になり、火力に切り替えられて電気料も値上げされ、国民の節約志向がとても高くなったのですが、今日、我が家では、うちの亭主の場合、そういうことまったく忘れています。

 今、都知事選の最中ですが原発の有無が選挙の争点になっているそうですが、都民以外は意志を示すことができないのは残念ですね。

 さて、先日伊豆半島西海岸の付け根に位置します戸田にいってきました。用事があって行ったのですが、そのあと知り合いのところに寄りましたらおみかんを下さいました。

 みかん畑を見せてほしいので寄った・・・・・っていいました。(笑い)

 これでは、先方もおみかんどうぞって言わないわけにはいきませんね。

 私の心臓年々弱っていくのですが、もう一つの心臓は強くなっています。

 ここ戸田は、人口4500人くらい。深海魚と世界一大きな蟹のタカアシガニで有名です。

Cocolog_oekaki_2014_01_26_21_19

 あと、戸田は日本で西洋式帆船建造第一号の地。これには物語が・・・・。

 

 しばしその物語を・・・・むかしむかしのこと

 ロシア海軍のディアナ号が1854年に江戸幕府に国交樹立交渉のため来航、下田沖に停泊します。

 その時、安政の大地震にあってディアナ号は富士市まで流され、やがて沈没します。

 幸い、キャプテンのプチャーチンと乗組員は全員救出されましたが国には帰れません。

 幕府は、戸田で、宮大工や戸田の船大工にロシア兵と協力して船を作るよう命じます。

 小さな村でしたが、西洋帆船技術を習得し村民挙げて船を三か月で建造。無事ロシア兵は帰国します。

 船の名はヘダ号、この建造があって戸田からは帆船の技術者が多く出ました。いわば、ここは日本での西洋式帆船の発祥の地。

 (一部戸田造船郷土資料博物館資料から・・)

 これが縁で、今でもロシアとはお付き合いがあるようです。
 

 また、風光明媚なこの地には、東京大学の臨海寮があって東大生が訪れます。

 そんな戸田ですが、大分前に沼津市と合併、今は沼津市戸田となっています。

 日本の中から見ますと針の穴よりも小さな秘境の地で村民が歴史に残る偉業を成し遂げたこと、このような物語ほとんどの方は聞いたこともないと思いますので、私、戸田の方におみかん頂いたお礼に・・・・・・・・・・ちょっとPRでした。

 

写真戸田峠方面から戸田集落を望む。山に囲まれた陸の孤島の趣。水平線の先は富士市。富士山が海の向こうに浮かんで見えるのですがこの時は雲のなかにお隠れ。

047

砂浜の海岸は海水浴に良いですね。冬は寒いですよ。(笑い)

053      056


知り合いのみかん畑。まだみかんの実が・・・・。これからはネーブルになるといっていました。


058

帰りは、沼津側に出て海越しの富士山をみながらのドライブでした。


073

今日のお花

 ここ暖かい日が続いて一気にうちの梅がほころびました。

 26日、バラさんが須磨の天満宮で梅をご覧になられたということでこちら東の方からの梅だよりです。

 それにしてもJさまの結んでいらっしゃるおみくじ団子、まん丸で(笑い)凄かったですね。


033_2


036        055

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

納豆いや納得

2014年1月23日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_01_24_11_10


 先日の午後、今年初めての書道教室でした。

 あわてて、午前中ににわか練習。

 何枚か書いて、ウ~ンようやく納豆!いや納得!(笑い)

 そういえば甘納豆亭主大好きです。亭主の母も好きでしたから完全な遺伝。

 話があらぬ方向にそれてしまいました。

 午後、教室に参りますと皆さんそれぞれが、筆を走らせていました。ホント真面目です。

 まず先生に自分の納豆いや納得の作品を提出します。

 先生笑顔でそれを受け取りみながらよく書けてますね。って・・・・毎度このセリフ。

 そういわれますと満更でもなくその気になってしまいます。

 私の腕上がってるのかしら・・・・・・・進級間違いないわね。根拠薄い自信です。

 

 練習しながらでしたが、皆さんの話題は正月飾りのこと。

 私の地域では、1月7日に玄関に出しているしめ飾りを取り外します。

 どこも7日なのですが、細かいところで違いがあってまちまち。

 

 ある方は、7日の朝外す。

 ある方は、7日の夕外す。

 ある方は、7日一杯は飾って8日の朝取り外す。

と、分かれました。

 ちなみにうちでは、7日午前中に適当にはずしました。

 

 いろいろ意見がありましたが、正解はどなたも自信がなく、7日の朝外せばよいのでは・・・が多かったですね。

 今は、昔の風習・習慣を知っている方は少なくなってしまいました。核家族の弊害です。

 伝統的な風習・習慣などは、それなりの意味・意義があるのですからしっかり受け継いで子や孫に伝えていかなければなりません。

 ちょっとしたことから大いに反省させられました。

 家に帰って、私、よせばよいのにぐうたら亭主に訊いちゃいました。

 

 私、「ちょっと伺いますが・・・・」亭主、「伺うって・・ただで?」

 私、「当然よ!何言ってるの!」亭主「訊きたいことって何かね?」

 私「かくかくしかじかで・・・・お飾りのこと。」

 亭主のanswerは・・・・。

 「昔から7日は、7日正月目が覚めたっていって、正月は7日で終わり。正月にお餅食べ過ぎて胃が疲れているから七日は七草粥食べるの。

 わかった?エヘン!よってだな、この日に正月は終るのだからこの日の朝、お飾りは片付ける。

 エヘン!このお飾りは、13日の日にどんど焼きで焼いてしまうのが一般的じゃが、わしらのところはもうとっくにそんなことやめとるんじゃよ・・・・。ごみとして出しているんじゃ。

 罰当たりなことじゃのう・・・・。」

 な、なに・・・その語り口・・・・・偉そうに・・・・。何がエヘンよ。何がよってだな?何がわしら?何がじゃよのう?なの。

 バッカみたい。それぐらいば誰だって知ってるわよ!やっぱりね。

写真 お習字、練習して提出しても、依然私教室でビリ・・・・。8月に7級になってそれから据え置き。

 その間に皆さん進級して、今や5級以上ですから困ったことです。いつも先生、上手に書けてるっていってくれるのですが結果がついてきませんので下手ってこと。(笑い)

 今度、先生が上手に書けてるとおっしゃられる根拠伺ってみようと思っていますが・・・果たして言えますかどうか。

005

当地方の玄関のしめ飾りは、こんな形しています。この処分を巡っていろいろと・・・・・。

002_2

今日のお花

侘助がたくさん咲いています。他の椿はちらほらですがこの花がいつも早く咲きます。

004




005   007

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

初・・・・

2014年1月20日(月)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_01_21_10_26

 昨年末、娘のラズベリー一家が参りまして、2泊してクリスマスを一緒に過ごし翌日に帰ったのですが孫の富士太郎を、そのままうちにおいていきました。

 富士太郎うちの子になりました。

 そうなら、ラズベリーにとっては一大事ですね。

 本人がもう少しこちらにいたいということで29日まで滞在することになったのです。

 孫が私たち母娘の鎹(かすがい)。

 富士太郎の遊び友達は遊びの天才、ぐうたら亭主。

 私は生活指導係・・・・・。こういうのって嬉しいわ。

 とにかく富士太郎が喜ぶようにと二人で張り切り、また私達も楽しみました。

 亭主は、水泳や卓球に連れて行き、また、将棋の相手を・・・。将棋は、少し前まで亭主が富士太郎にせがまれていやいや相手していましたが、今は、亭主が富士太郎追いかけています。

 逆転した理由は、亭主が弱すぎ富士太郎が将棋はつまらないということでした。(笑い)

 私は、お餅ついてあんころもち作り教えたり、書初めの練習をさせたり・・・・お世話ができてしばし、し・あ・わ・せ。

 楽しい時はすぐ過ぎてしまいます。29日、家にきた息子のポパイの運転でラズベリーの家まで富士太郎を全員で届けました。

 そんなよい暮を過ごし、新しい年を迎えました。

 元旦は、穏やかな日で早速に三島大社に初詣。

 良き年であった昨年のお礼を申し上げ本年の無事を祈りました。

 「初」というのは、新たな気持ちになりますが、亭主拝んでいる時間がとても長いので・・・何拝んだの?って聞きましたが教えてくれません。

 俗人でまだ煩悩の塊の亭主です。多分若返らしてください、将棋富士太郎に勝たせてくださいなどでしょうか。

 長く女房やってますと考えてることが分かるのです。(笑い)

 もうひとつ「お初」で主婦には大切なもの・・・・

 元日に新しい包丁をおろしました。これ、私が尊敬している方から昨年春に頂いたもので、もったいなくておろせなかったのですが意を決しておろしました。

 最高級のスエーデン鋼を使用し、私の名が刻まれている銘刀です。shine

 使い始めは、伊豆大平のごぼう。

 伊豆大平のごぼうは、有名で京都の名刹の管長さん、このごぼうがお好みでこれを届けますと別格といって喜ばれるそうです。そんな知る人ぞ知るお坊さんの大好きごぼう・・・何となくゴロがいいですね。(笑い)

 包丁の初切の相手に不足はありません。

 サクッ!極度の緊張の中で初めて包丁を入れました。な、なんという切れ味・・・・。サクッサクッ・・・お料理って楽しい・・・。notes

 そういえば、お正月、ブログ友達のバラさん、ブログの中で銘刀虎徹をサンタさんからプレゼントされ、それおろされて今年もぼちぼち調理に頑張ります(笑)っておっしゃっておられました。よく見ますとそれも銘刀。

 新年に入って「初」ってたくさんありますが、主婦にとって毎日使う包丁、新しくなったことはなによりも嬉しいことでした。

 今年は、この切れ味鋭い銘刀かざして、「加賀の国の住人小松五郎義兼が鍛えた業物、富士の万年溜の雪水に浄めて、私には、生涯あなたという強い味方があったのだ。」ってぐうたら亭主脅かしちゃおうかしら・・・。(笑い)

 

写真

初詣、三島大社。毎年初詣には善男善女50万人が参拝いたします。

025

 初おろしの銘刀です。どうですか、鈍く光り、その光が丸くなって前の壁を照らして・・・名刀たる所以です。

062    064

080

 大平のごぼうと出来上がったきんぴら。切り方がまばらなのは緊張のせいです。(笑い)普段は、私、もう少し上○・・・・・です。きんぴら美味しかったのは名刀によるものでしたから。

050        087

孫の富士太郎とお餅で粘土遊び。あんころもちたくさん作りました。


060     069

 富士太郎、亭主とは将棋するの面白くないといいますから、亭主、将棋好きの人が集まる施設に連れて行きました。そこで知り合った方に自宅へ招待され翌日二人で将棋指しに・・・。

 相手は、82歳で2段のおじいちゃん。富士太郎真剣です。両方の手、固く握りしめていますから・・・。

 もう一人の方とも対戦。惜しくも全敗でした。それでも相手してくださったことに感謝です。 ちなみに亭主は蚊帳の外…一ギャラリーで心の中で富士太郎頑張れ!(笑い)     右の写真、将棋で最高峰に立つ羽生名人が使っている駒と同じものってここのおじさん富士太郎に自慢して見せていたそうです。初めて会って、その方の家にお邪魔して・・・人柄の良い人って世の中にはいますね。

 029       028


  

今日のお花

 蝋梅の花が満開になっています。みな俯いて・・・私みたい。(笑い)年が明けてすぐ咲き始めたうちでは最初の冬の花です。

008

026     018

マジョリン通信note

バラさんへ

 バラさん今年もよろしくお願いいたします。think

 コメント拝見いたしました。ありがとうございました。バラさん、ピーのまねまねクッキングシリーズで作られているお料理拝見していますが美しく綺麗でおいしそうです。毎回、楽しみにしています。どれも食べてみたい・・・・・。(あ、よだれ・・)

 旅行記・・・バラさんの近くには良いところたくさんありますね。カキ!大好きでううううう…食べた~い。うらやまし~~…。(笑い)身が引き締まっていてぷりぷり、お美味しかったでしょうね。(また、よだれ)

 黒田官兵衛見ていますよ。私は、官兵衛に胸キュンです。面白くなってきましたね。三木城がでるの楽しみにしています。バラさんもお姫様で出演?昨日、飛龍の滝を見ました。その前には御着城の石碑も。

 それから、撫子さんの着物のこと本当に素敵でしたね。「鳩羽鼠」の色名、初めて知りましたが日本の色名は、素敵な表現が多く繊細な表現は他の国にはないでしようね。

 撫子さん素晴らしい着物お持ちでやはりお箏やられる方なのですね。

撫子さんへ

 撫子さん、中島屋でランチされたんですね。美味しかったでしょう。あ、そうそうご挨拶。今年もどうぞよろしくお願いいたします。think

 それで、バラさんが撫子さんの新年会の着物のことコメントされていたの拝見して、お知らせしようと思っていましたが、撫子さんさすがですね。すぐ気付かれて。

 バラさんへのお返事拝見しました。私の方がぐずで・・・・遅れてしまいました。すみませんでした。

 私もバラさん同様、撫子さんの着物姿、着付けも美しくとても素敵だと思いました。やはり良い着物shineきますと気持ちがしゃんとされるのでしょうね。

 ビールなども箏(こと)のほか美味しくて・・・・(笑い)

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

わだつみの・・・・

2014年1月16日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_01_17_10_44

 引っ越し後、最初のブログですが、住み心地は?

 おうちがカラフルになった以外、特に変わりませんが、また一から始める・・・そんな気持ちになっています。

 最初ですから、何を書けばよいのかしら・・・・・・。ぐうたら亭主は登場させない・・・これは最低条件。

 こんな時は、歩くこと。これが私のやり方。

 この日、風がなかったのでちょうど良かったですね。

 行く先は海に・・・・え?海って海の中へ?ことによるとそうかも・・・

 いえいえ、海と富士山。絵葉書のような景色を見るためです。

 冬の海、様々な表情があるのですがこの日は穏やかで波がほとんどありませんでした。

 そしてここから見る富士山。見慣れてはいても素敵!表情が毎日変わるから。

 昨年は、世界中の耳目を集めましたがこの山の美しさと気高さは世界遺産にふさわしいですね。

 私の住むところには富士山を祭る浅間神社が10を超えるほどあり、その数に驚きです。

 富士山は信仰の山です。

 お浅間さん(私たちのところでは、こう呼びます。)は、富士宮に本宮大社があり、ここはその出先の神社?

 ご神体は、ご存じコノハナサクヤヒメのミコトです。コノハナサクヤヒメは、天照大神の孫ニニギノミコトの妻。

 そして生まれた子が、海幸彦と山幸彦。

 山幸彦の孫が初代天皇の神武天皇だそうです。ちなみに山幸彦の妻は海底に住んでいた 豊玉姫命(トヨタマヒメ)。

 どの神様も名前、どこかで聞いていますね。

 富士山と海、日本の歴史・物語とつながっていて面白いですね。

 もう、20年も前になりますが、明治時代の洋画家で「海の幸」で有名な青木繁の「わだつみのいろこの宮(1907年)(重要文化財、石橋美術館)」を三島の佐野美術館で見たことがありましたが、その絵には、山幸彦が海底でトヨタマヒメと会う情景が描かれていました。

 素晴らしい絵で、そこにくぎ付けになったことをを覚えています。

 その時この歴史・物語をしりました。

 富士山と海を見ているうち、古の世界にタイムスリップしてしばし我を忘れていました。

 もちろんぐうたら亭主のことも・・・・・あ、亭主登場しちゃいました。(笑い)

写真

 富士山、空に溶け込みそうでしたが、思い切りアップでとりました。

078


この日の海は、波はなくしずかでした。遠く赤石山脈に白い雪が見えました。この海の底にわだつみのいろこの宮があったかも・・・・。


088

富士山と海、穏やかな今年の始まりでした。

089


今日のお花

 シンビジュームが咲きました。垂れ下がった房は豪華です。この花手を入れなくても咲いてくれますので、こういうお花、私好きですね。

029


028    030

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶から遠ざかっていくことが心配です。マジョリン

引っ越してきました。

2014年1月14日(火)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_01_13_22_54

ブログ、引っ越してまいりました。note

今後とも皆さまのお出でをお待ちしております.happy01

引き続きのご愛顧をお願いします。

なお、以前のブログは、こちらです↓

パート2  http://mary-everyday2.cocolog-nifty.com/blog/

パート1  http://mary-everyday.cocolog-nifty.com/blog/

または、

 サイドバー下の「以前のブログ」をクリックしていただければ、飛ぶことができますのでよろしくお願いいたします。heart01

054

bell bell・・東北の復興・・・・・どうなっているのでしょうか。記憶が風化することが心配です。マジョリン

トップページ | 2014年2月 »